holicRSSFeed

#153 「火炎狐」 2014-02-16 (Sun)

 古いものをいつまでも大事に使うということは良いことだったりしますが、パソコンのソフトではそんなことはありません。特にインターネットに繋がっていることが当たり前な時代ですし、古ければ古いほど危険だったりするようです。

 とは言っても、古すぎたら逆に安全だったりするのかも知れませんけど。ただ、今回は古すぎるソフトの安全性の話ではないので、そこはどうでも良いのです。どっちにしろメーカーは新しいパソコンを買って欲しいのですし、新しいOSで新しいソフトを使わないと危険なことになるような仕組みになっているはずなのです。

 とは言っても、タダで使えるオープンソースのOSを古いパソコンで使えばそれなりに安全なのかも知れませんけど。だた、今回は古いパソコンにオープンソースのOSをインストールして安全かどうかを確かめる話でもないので、そこもどうでも良いのです。

 それで、今回は何の特集かというと、私がブラウザを最新版にアップデートしたら動かなくなって困った、という話のまとめなのです。例によって特集とは呼べない特集ですが、こういうことを書いてこそBlack-holicなんだ!と思っている今日この頃なので、とにかく書くのです。

 RestHouse(ブログ)にも少し書いたのですが、私が普段使っているFirefoxをバージョン25から26にアップデートしたら、上手く動かなくなりました。具体的にどういうふうに上手く動かないのか、ということを書くのが難しいぐらい上手く動いてなかったのですけど。

 いくつか挙げると、キーボードのショートカットが使えない:タブグループを表示できない:終了時に開いていたタブを再起動時に復元するオプションを有効にしていても復元されない:等々。

 他にも沢山あるはずですが、上に挙げたものだけでも私にとっては何も出来ないも同然という感じだったので、これは使い物になりません。

 アドオンを無効にしても何一つ解決せず、自動アップデートでバージョン26にしたので、前のバージョンに戻せないのです。どうしたらいいのやら…。

探せば大抵ある

 解決法が見つからないので、前のバージョンに戻したかったのですが、戻せない。せっかくここまで育ててきたFirefoxを諦めてSafariとかChromeに乗り換えないといけないのか?とか思ったのですが、調べたら旧バージョンをダウンロード出来る公式なftpサーバがあるようです。

 これで取り敢えずバージョン25に戻すことが出来ました。25に戻すとこれまでどおりに正常に動いています。しかし、ここで安心して良いのでしょうか?ということになってきます。ソフトのバージョンアップには、新機能の追加の他に脆弱性の修正なども含まれているのです。このまま25を使い続けるのは危険なことに違いない。「でも、バージョン25で特に危険な脆弱性もないみたいだし、取り敢えずバージョン27を待てばいいかな?」と吞気な感じで葉っぱをくわえ、両手を枕にして野原に寝そべる私。

 青空を流れていく雲を眺めているうちに時は経ち、バージョン27が公開されました。

 バージョン27が公開されたのですが、前回の失敗を踏まえて、自動更新はオフにして手動ダウンロードして手動アップデート。というか、これだと結局もとのバージョンは消えるということなのでもう少し詳しく書くと、アプリケーションフォルダにある「Firefox」という名前のFirefoxを「Firefox25」という名前に変えて、そのあとで新しいFirefoxをインストールする、ということです。


<!-- インストールと言っても、ダウンロードした最新版のFirefoxをアプリケーションフォルダにコピーするだけなんですけど。Windowsを使っている人にはこのインストール方法が「へっ?!」という感じだったりすることがあったようですが、今でも「へっ?!」ってなるんですかね?-->


 とにかく、現時点での最新版Firefoxがインストールされたので、これで快適かつ安全なネットサーフィングが出来る!と思ったのもつかの間。アップデートして起動してみたら、26の時と同じ感じで全然動かない。

 つまりこういう症状の時には対処法もない、ということなので、また25に戻ることになってしまいました。バックアップしてあるし、使い物にならない最新版なんてゴミ箱に入れて、25を復活させればスリリングだけど快適なネットサーフィングを再びこの手に取り戻すことが出来るのです。

でも最新版が良い…

 バージョン25で正常に動いてはいるものの、やっぱり古いのは気になります。このままずっと使い続けていれば、今でも少し古めのSnowLeopardはFirefoxのサポート対象外になって、バージョンがいくつでも同じようなことにはなるのですが、サポートされているうちは最新版でないと気になります。

 ただし、ネットを検索しても同じような症状の人は特にいないようです。困ってしまいますが、こういう時に解決法がないわけでもない。他に誰も異常のある人がいないということは、Firefox自体の問題ではないということだと思われるので、ここは私のパソコンの設定をいじってどうにかするしかないようです。


 設定をいじるといっても、原因もわからないですしやりようがないですけど、そういう時には設定ファイル類をクリアしてリセットです。

 本当にそれで良いのか?とも思うのですが、とにかくリセットしてバージョン27で起動したら、ちゃんと動くようになりました。

 最近はシステムが安定しているので、こういう作業はほとんどやらなくなったのですが、原因不明の不具合などの時には最後の手段としてクリアしてリセットが有効なのですね。これで最新版が使えるようになりました。でもこれだけではアレなのでクリアしてリセットについてもう少し詳しく書いてみることにします。

 「クリアしてリセット」とは、解りやすくいうと設定ファイルの削除でもあるのですが、そう書くと目的のファイルをゴミ箱に入れてハイおしまい!という感じがしてしまうので「リセット」と呼ぶのです。

 そうするのにはワケがあって、リセットしてもあとから面倒なことにならないように設定ファイルは「バックアップ」しておいた方がよいからです。

 クリアするファイルは「ホームフォルダのライブラリの中のApplication Supportの中のFirefoxの中のProfilesのなかにあるフォルダ」と「ホームフォルダのライブラリの中のLibraryの中のPreferencesの中のorg.mozilla.firefox.plist」です。解りづらいのでUNIX風な書き方をすると「~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/」以下にあるディレクトリと「~/Library/Preferences/org.mozilla.firefox.plist」です。(こっちも解りづらい。)



<!-- ↑この画像なら解りやすいでしょうか?-->


 バックアップするのは最初に書いた「Profilesの中にあるフォルダ」の方です。バックアップといっても、他のフォルダに移動すればいいだけですけど。移動して元々あった場所からフォルダがなくなれば、それが同時に消去したということにもなるので、一石二鳥なのかどうか、というところですけど。

 フォルダを他の場所に移動するだけだと、厳密にはバックアップとは呼べないのですけど、念のためにとっておく、という感じです。

クリアしてリセットしたら…

 まともに動くようになったFirefoxですが重要な設定ファイルを削除してしまったので、これまで使っていたブックマークやアドオンも消えて素の状態のFirefoxになっています。とりあえずまともに動くことが解ったら可能な限り復元。


 まずはブックマークの復元と思ったのですが、実は最初にブックマークのバックアップをしておくべきだ、というのを忘れていました。しかし、最近のブラウザは親切なようでFirefoxのブックマークは一日ごとに自動的にバックアップされていました。

 「Profilesの中にあるフォルダ」(このフォルダの名前は統一されてないのでこういう面倒な書き方になってしまいますが)の中に「bookmarkbackups」というのがあって、そのなかに数日分のブックマークのバックアップが保存されています。

 Firefoxの「ブックマーク」メニューから「すべてのブックマークを表示」でブックマークのウィンドウを表示させて、そのウィンドウの上のメニューの「復元」からバックアップされたブックマークを読み込めば元どおりになります。



 次はアドオンを復活させてみることに。でも、もしかすると不具合の原因かもしれないアドオンですが、とりあえず全部まとめてやってしまうことに。(ダメならまた消したらいいんだし。)

 インストールしてあったアドオンは「Profilesの中にあるフォルダ」の「extensions」に入っているので、これを使います。

 一度クリアしてリセットされるとFirefoxは自動的に新しい「Profilesの中にあるフォルダ」を作成するので、その中にある「extensions」をバックアップした「extensions」と入れ替えます。


 問題が起きないことを祈りつつ、Firefoxを再起動。すると「このアドオンをインストールしていいですか?」みたいなことが書いてあるタブが大量に開かれてちょっと焦ります。「extensions」を入れ替えただけではインストールされたことにはならないのか、とか思いながらも、これはこれで良い仕組みだとも思いました。

 これは使ってないアドオンを削除する良い機会になります。一つずつ確認していくと、以前は便利だと思って使っていたアドオンでも、Firefoxの機能やWeb自体が変わってきて必要なくなっていたり、或いは「なんでこんなアドオンが入ってるんだ?」というのもあったり。

 そういうのをインストールしないで消していったら、厳選されたアドオンが残った感じでスッキリしました。(ちなみに、インストールを許可するごとにFirefoxの再起動を促されますが、その都度やらないで全部終わってから再起動で大丈夫でした。)

まだ終わらん

 ブックマークとアドオンが復活してやっと最新版で快適ンターネットサーフィングだと思ったのですが、まだ問題が残っていました。Firefoxに記憶させておいた各種サービスのIDとパスワードが全部消えているのです。

 FirefoxのSyncを使うとパスワードなども保存しておけるのですが、こういう重要な情報はなるべく外部に保存したくない、ということでSyncでは保存していませんでした。


<!-- 今気づいたのですが、Syncを使ってブックマークの復元も可能だったかも知れません。さらにアドオンも実はSyncに保存できます。-->


 なんかSyncの存在を思い出したら上に長々と書いたリセットしてクリアの方法とか意味が無いような気がしてきましたが、気にしない。とにかくパスワードを思い出すのです。

 思い出すといっても、最近は複雑なパスワードじゃないと受け付けてくれなかったり、自分でも気をつけて複雑にしているので暗記は不可能。なので、ちゃんとメモとして(現実世界に)保存してあるパスワードはブラウザに登録で、それ以外は再発行になりましたが。

 それはともかく、このパスワードの作業でも使ってないサービスはパスワードの登録をしないなどして、こっちも厳選されたWeb上のサービスだけが残った、ということになってスッキリ。


 面倒な作業が多い「リセットしてクリア」ですが最終的にはスッキリしたので良いんじゃないでしょうか。というよりも良いということにしておかないと、なんか無駄なことをした気になるので「リセットしてクリア」は良いことなのです、としておきます。その前に最新版にできたことが重要ですし。

オススメというよりは…

 Firefoxのようにアドオンでカスタマイズできるブラウザでは、何か問題が起きると最初に疑われるのがアドオンなので、闇雲にインストールすることはオススメ出来ないですし、これは難しい問題かもしれませんけど。うまく使えばブラウザがもっと便利なるということもあるので、Firefoxの話題ついでに「私はこういうものを使っています」というものを幾つか。


<!-- リンク先は各アドオンのホームページですが、Firefoxを使っている人はアドオンマネージャから検索するほうが手っ取り早いと思われます。-->


NoScript

 いきなり問題のアドオンという気もしますが、私はこれがないと心配で仕方がないというアドオンです。基本的な動作としては、許可したサイト以外でJavaScriptをオフにするアドオンです。

 パソコンにウイルスを仕込んだりする悪意のあるサイトとか、フィッシングサイトとか、そういうサイトはJavaScriptを使って悪さをすることが多いので、そういう危険が少し遠ざかります。もう一つのメリットとして、目障りな広告が表示されづらくなります。(そういう広告もJavaScriptで表示しているのがほとんどなので。)

 ただし、どのサイトを許可して、どのサイトをしないか、という選択はかなり難しいです。最近は同じページ内にいろんなところのJavaScriptが埋め込まれていますし。それがわからないとページが正常に表示されなかったり、便利な機能も全く使えないという事になってしまうのですが。

 このアドオンを使ってみて、何がなんだか解らない、という人は必ずセキュリティソフトをインストールして欲しい、ということでもありますけど。自分が安全にネットサーフィンできる人か、そうでないか?ということを判断するためのアドオンとも言えるとか、言えないとか。


Context Search

 これは便利だと思っているアドオンですが。ブラウザウィンドウの右上にある検索窓には複数の検索エンジンを登録できるのですが、検索窓にに文字を入力した時にどの検索エンジンで検索するのか、ということを選択できます。それと、閲覧中のページの文字を選択して検索するときにも、登録されているどの検索エンジンを使うのかを選択できたり。

 私は「これ欲しい!」と思った時には楽天市場で検索したり「この曲良い!」と思った時にはAmazonで検索したり。その他もろもろ便利です。


Tab Mix Plus

 タブに機能を色々と追加するアドオン。特に大量にタブを開く人には便利なアドオンだと思います。私が好きなのは新しいタブをどこに開くか、複数あるタブの一つを閉じた後にどのタブを表示するかとか、そういうのを設定できたりするところです。

 他にも色々と便利な機能があるのですが、ずっと前から使っているので、どれがTab Mix Plusの機能だったか?とかアヤフヤだったりしてちゃんと書けないですが。


Dolphin Connect

 前回お気に入りのAndroidアプリとして紹介したDolphin BrowserとFirefoxを同期するのに必要なので書いておきます。FirefoxのみならずChrome、Safariにも対応しているようです。


 他にも私がインストールしているアドオンは沢山あるのですが、サイト開発者向けのマニアックなものだったりするので、そういうのはマニアックな特集の時に紹介されるかも知れません。(なので今回は有名ドコロが中心になっている感じです。)

 ということで、今回はFirefoxがちゃんと動かない、という記事だったのですが。前回に引き続きダラダラと長い特集になってしまいました。公開用にかなりの部分を削ったのですが、それでも結構な長さになっています。

 解りやすい文章で書いたら長くても問題ないんですけど。ちゃんと書くことを決めないで書くとダラダラしますね。というか、ここで反省しなくても良いことですけど。


 早くも今年二回目の大特集をしたのですが、次回はまさかの年末か?という去年と同じパターンにならないように気をつけたいと思います。どうぞお楽しみに。