Anima Virens
(2013)
Little Mustapha

SAMPLES」にMP3ファイルがあります。

 魂の色はビリジアン。全てはそこに生きるのよ。
 これはフィーチャリング・マダム・チョウチョのアルバムなのよ。
 マダムの歌が彩りを添え、全ては溶けてビリジアン。
 ビリジアンは森の色。
 ビリジアンは空の色。
 ビリジアンは追憶の色。
 ビリジアンは悲しみの色。
 ビリジアンはやがてあなたが染まる色。
 これだけビリジアンと書いているのに、アルバムのタイトルはAnima Virensなのよ。


(マダム・チョウチョのポエムより)

01. the Day Begins in Dark

(Instrumental)

「その日は暗闇の中で始まる」

(カラオケ)

 始まりはいつでも暗がり。あなたのライフも、あなたの夢も、最初は真っ暗だったのよ。(マダム・チョウチョ)

 目が覚めた時に雨の音がしているとミューに落ち着いたりすることがあるよね。(Little Mustapha)

PageTOP

02. Praise

There is paradise in the sky
If you want to fly
You can't choose to deny

And there is light in my eyes
A million stars in the night
I'm telling you it's a lie

The fear is in your mind
Peace is like this storm

The holinesses you find
You want it
And you grab it
Tearing your life apart in fantacy

「賞品」

空には楽園があるのよ
もしもあなたが飛びたいのなら
あなたは拒むことはできないのよ

そしてあたしの目には光があるのよ
夜の百万の星たち
私はそれが嘘だと教えるのよ

あなたの心の中の恐れ
平穏とはこの嵐のよう

あなたの見付けた神聖さ
あなたは欲し
それを掴む
幻想の中であなたの生活を引き裂くの

 楽園を見たいというのなら、拒むことはでいないの。そこに何が待っているのか、教えることは出来ないの。(マダム・チョウチョ)

フラメンコっぽいのにならないようにしたけどどうしてもなってしまうんだよね。でもあからさまなコード進行とはちょっと違うことになってるんだけどね。(Little Mustapha)

03. Wet Pressure

Floating my mind
A saneness is in the stream

Sunshine makes it easy
To know why I have to stand
   for little glory
No-one care for nothing
Now the dimlight surround us
And the sky is burning

Wet pressure in my mind
Landslide of silence

Fury and sadness
Won't let me be alone

*Some hope is hiding in the day lights
Sometimes it's so hard to find
So I make this world darker and darker
Again

*The lights
Fading away

「湿った圧力」

浮かんどる、わしの心
流れの中の健全さじゃ

陽光はそれを楽にしてくれる
なぜわしが耐えなければいけないのか?知るために
 小さな名誉のために
誰も何も気にしない
今や暗がりがわしらを囲んでおる
そして空は燃えておる

わしの心の中の湿った圧力
静寂の地滑りじゃ

憤怒と悲しみ
わしを放っておいてはくれんのじゃ

*ある希望は日の光に隠れているのよ
時にそれを見付けるのは困難なのね
だからあたしがこの世界を暗く、暗くするのよ
もう一度…

光が
消えていくの

 今やあなたもビリジアン。朝日に照らされ風にそよぎ、そこには自由も束縛も始めから無かったと気付くのよ。
 そして、新たな苦しみと怒りと湿った圧力を感じるの。(マダム・チョウチョ)

 自然に囲まれていると気持ちいいんだけど、ふとした瞬間にスゴい不安な気分になることがあるんだよね。特に一人でいる時とか。都会の人はそういうところに恐怖を見いだすのかも知れないよ。(Little Mustapha)

04. Resting the Rage

(Instrumental)

「怒りを休息させる」

(カラオケ)

 どんなに穏やかに見えても、その裏には怒りが渦巻いているの。木陰でまどろむあなたにも、それは襲いかかるかも知れないの。今はそれを抑えることも出来るのよ。今だけは。(マダム・チョウチョ)

 暗いような明るいような、恐ろしいような美しいような。というよりも、いつものお決まりのパターンのような。(Little Mustapha)

05. Swanp Ruins

Cold eyes
Now the memory is freezing
Old lies
Turns the river into blood

I rised and saw the things
   rusted in gray
Once they glittered
   they took it away

[Why its turned into gray?
Why they took it away?]

「廃墟沼」

冷たい目
今や記憶は凍っておる
古い嘘
川を血に変えるんじゃ

わしは立ち上がり物事を見たんじゃ
 灰色に錆び付いておった
ヤツらが輝いていたこともあったんじゃ
 ヤツらはそれを持ち去ったんじゃ

(なんでそれは灰色になったんじゃ?
 なんでヤツらは持ち去ったんじゃ?)

 沢山の生い茂る生命。その下には沢山の影が出来るの。その暗がりにもまた新たな生命。そして、生命の終わり。そこにまた新たな生命が生まれるのよ。でもあなたはこの暗がりには耐えられないの。ここであなたは無力なの。(マダム・チョウチョ)

 慣れたら湿地帯というのも悪くないものだけどね。熱くても乾燥していればしのげるし、寒くても潤っているとダイジョブだったりするし。
 なので、この沼だって居心地の良い場所だったりすることもあるかも知れないし。(Little Mustapha)

06. Grieving Tomorrow

Never let them know tomorrow
Make it always be on fear
Here's angers you to swallow
   down to sorrow
   be or never free

Coming from where we don't know
Misfortune you foreseen
Going back to where you been
Like water flows dawnwards

Greaving
Crying
Ignoring
We lost...

Never let them know tomorrow
Make it always be on fear
Here's angers you to swallow
   down to sorrow
   be or never free

We stay
We fall

Eyes get bright
   in your colorless face
You try to fly without your wings

New day nearly breaks
While you float in your dream
Sin shines on your fear
   on your nerves
Realize where you are

Never let them know tomorrow
Make it always be on fear
Here's angers you to swallow
   down to sorrow
You will never be...

「悲嘆する明日」

ヤツらに明日を知らせてはいけないんじゃ
いつでもそれが恐れに乗っているようにするんじゃ
ここにキミが飲み込む怒りがある
 悲しみのところまで
 あるか、或いは決して自由ではないんじゃ

わしらの知らない場所から来た
キミの予見した不運
キミのいた場所へと戻る
水が低いところへ流れるように

悲嘆して
泣き叫んで
無視して
あたし達は見失った…

ヤツらに明日を知らせてはいけないんじゃ
いつでもそれが恐れに乗っているようにするんじゃ
ここにキミが飲み込む怒りがある
 悲しみのところまで
 あるか、或いは決して自由ではないんじゃ

*あたし達はとどまるの
あたし達は落ちるの

*あなたの色あせた顔の中
目は輝きを増しているのよ
あなたは翼無しで飛ぼうとしている

*新しい日はすぐ目の前に
あなたが夢の中で浮かんでいる間に
罪はあなたの恐れを照らし
 神経を照らすのよ
あなたがどこにいるのか気付くのよ

ヤツらに明日を知らせてはいけないんじゃ
いつでもそれが恐れに乗っているようにするんじゃ
ここにキミが飲み込む怒りがある
 悲しみのところまで
キミは決してそうではないんじゃ

 涙は涸れて、血が流れるの。だけど誰も気にとめないの。それは忘れられた悲しみの明日。(マダム・チョウチョ)

 時には間違うこともあるのよ。でも最初は確実だと思ったの。でも伸ばすことは厳しいと気付いたの。もう少し高い声で歌えたら良いのに。(マダムと見せかけてLittle Mustapha)

07. Giddy Dizziness

(Instrumental)

「目眩のする目眩」

(カラオケ)

 全てを忘れるの。それはあなたが望んだの。呪文を唱えて眠りに落ちるの。目が覚めたらどこにいるの?(マダム・チョウチョ)

 音階というのはそれ自体が魔法的だったりするよね。どんなに凝ったコード進行を考えても、音階を上手く使った印象的なフレーズにはかなわないとこもあるし。それはそうと、ヒット曲に共通するコード進行とかがあったけど、ヒット曲に共通する音階って…、あるわけないか。日本とは違う文化圏ではあるかも知れないけどね。(Little Mustapha)

08. Greeny Slumber

Slowly light is passing the leaves
Gently talk to me between the trees
I am in the air of dreamland

The night falls and the day breaks again
Drawing stripes of light and shadow
If only I could feel the thing
   like you did

We are pieces
We've all blown in this gusty wind
Crying out
   Is there anything real
   When we wake up

Softly lights touch my aching nerves
Makes me know it almost falling off
Sparkles in the sky like stars
Hatret we are down here again
Creeping somehow I try to move on
But I'm stuck myself on the ground
    under stormy sky

We are pieces
We've all blown in this gusty wind
Crying out
   Is there anything real
   When we wake up

The day grow up
Makes it deeper than color
Sky has came down
Now my garden is here
The day glow old
   and disappear

Slowly light is passing the leaves
Gently talk to me between the trees
I am in the air of freedom

The night falls and the day breaks again
Drawing stripes of light and shadow
If only they cold see the things
   Like we do now

「緑なうたた寝」

ゆっくりと光は葉の間を通り過ぎとる
木々の間で優しくわしに語りかけるんじゃ
わしは夢の国の空気の中にいるんじゃ

夜が来てまた日が昇る
光と影の縞を描いておる
そういうふうに感じられたら良いんじゃが
 キミがしていたように

わしらは破片
わしらはこの激しい風に吹かれておるよ
叫んでみる
 そこには何か本物があるのか
 わしらが目覚めた時には

柔らかく、光はわしの傷む神経に触れるんじゃ
わしにもうすぐそれが墜ちると伝えておる
空に煌めくんじゃ、星のように
憎しみ、わしらはまたここにおる
這い回って、なぜかわしは進もうとしておるよ
でもわしは地面に貼り付けられておるんじゃ
 荒れる空のもとで

わしらは破片
わしらはこの激しい風に吹かれておるよ
叫んでみる
 そこには何か本物があるのか
 わしらが目覚めた時には

*日は育ち
それを色よりも濃くするのよ
空は降りてきたの
今あたしの庭園はここに
日は年老い
 そして消えていくの

ゆっくりと光は葉の間を通り過ぎとる
木々の間で優しくわしに語りかけるんじゃ
わしは自由の空気の中にいるんじゃ

夜が来てまた日が昇る
光と影の縞を描いておる
彼らがそういうふうに見られたら良いんじゃが
 わしらが今しているように

 うたた寝に見た夢。全てはそこで起きたことかも知れないのよ。あなたの生も死も。(マダム・チョウチョ)

 ボクらは小さな存在だ。そういうのが自然の中で感じる何とも言えない恐怖かも知れないね。(Little Mustapha)

09. Jitter

However you see
How much you try
Complete darkness until the end
Why you can not hear
(When) I buzz around

Just fading away
I have to go
Starting the reign when it fall down
Your soul tangled in vine
Screaming in pain

Bleed until your world
   fill up with fear
Smell the sins and it's omen
You misread the sign
   but you can't restore

Holiness is what you find
   in
    nightmare
Wickid and suspicious one
Greeny stain
   on your skin
   decaded eyes
   loony face

「ジッタ」

どのようにあなたが見ても
どんなに試みても
完全な暗闇が最後まで続くの
どうしてあなたは聞こえないの?
あたしの飛び回る羽音が

ただ消えていくのよ
あたしは行かないといけないの
それが崩壊したら支配が始まるのよ
あなたの魂は蔓に絡まっているの
苦痛に叫んでいるの

血を流しなさい
あなたの世界が恐怖に覆われるまで
罪とその予兆の匂いを嗅ぐのよ
あなたは合図を見誤ったの
でももう元には戻せないのよ

神聖さ、あなたが見付けた
 悪夢の中で
邪悪で疑わしいそれ
緑がかった染み
 あなたの肌に
 腐敗した目
 狂気の顔

 どこにいたって安全ではないの。あなたはいつでも狙われているのよ。それは巨大な力を持った黒い影なの?それとも無数の小さな愚かしさなの?でも最後には気がつくの。そこにはいつもあたしがいるの。(マダム・チョウチョ)

 恐怖の音階でもあるけど。これはけっこうまあまあになっているとか。(Little Mustapha)

10. Animus II

Subsidence
Finaly realize
No wonderland
   be on eternity

/*Anxiety
   You know it comes like this*/

Time is flying
Run away while you can
Aware yourself
Berfore it's too late

Madness
   Slowly corrupts you
Lust is the thing you feel

「アニムス・その2」

陥没
ついに気付いたの
どんな楽園も
 永遠ではないのよ

(不安)
(キミはそれがこんな感じでやってくると知って…おる)

時間は飛ぶの
出来る間に逃げるのよ
自分のことに気付くのよ
手遅れになる前に

狂気が
 ゆっくりあなたを腐らせるの
欲望はあなたの感じているもの

 あなたはそれに気付いたの。ここはあなたのいる場所ではないの。でも気付いたとしてどうなるの?あなたはすでにここにいるの。望まなくても、いつまでも。(マダム・チョウチョ)

 ここでピアニカが使われている!(Little Mustapha)

11. Creeping Lane

(Instrumental)

「這う小道」

(カラオケ)

 逃げようとしてもこの道は何処までも続いているの。もがけばもがくほど、永遠に続く恐怖なのよ。(マダム・チョウチョ)

 何でもない日常の音を超低音にすると恐ろしいことに気付いたよ。(Little Mustapha)

12. Drizzle

Surreal
   The seren after storm
I'm down here
Sky is away from me
Slightly
   I feel someone's there
The voices
   There is no peace in me

*Paint it gray
It swiftly changes before you know
You failed again
You have to stare it this time
Sometimes I play like I was hoping that you go away
We were in the rain
Seeing the blue sky far away
   (So far away)

Surface
It looks smooth and safe
Standing
There always pain inside
Steady
There is cloud on high
Sweetly
Here is the strom again

*Will it be memories
or nightmare
I see no end
We came from end
Will it be fine all day
or drizzling rain
When we are apart
We walk to start

Surreal
   The seren after storm
I'm down here
Sky is away from me
Silence
Nothing realy happend to me

「シトシト」

超現実的じゃ
 嵐のあとの静けさ
わしはここにおる
空はわしから遠ざかっておる
微かに
 わしは誰かがそこにいたと感じておる
その声
 わしには平穏などないんじゃ

*灰色に塗るのよ
それはあなたが知る前に素早く変わってしまうの
あなたはまた失敗したのよ
今度は注意深く見ていないと
時々あたしはあなたがどこかへ行って欲しいというフリをするのよ
あたし達は雨の中
遠くに青空を見ているの
(とても遠くに)

表面は
それは滑らかで安全に見えるんじゃ
耐えておる
痛みは常に内側にあるんじゃ
しっかりと
雲は遙か上空に
優しく
またここに嵐が来たんじゃ

*それは記憶になるのかしら
それとも悪夢なの?
あたしには終わりが見えないの
私たちは終わりから来たのよ
一日中晴れるのかしら
それともシトシト雨なの?
私たちが離れた時に
私たちは始まりに向かって歩き出すの

超現実的じゃ
 嵐のあとの静けさ
わしはここにある
空はわしから遠ざかっておる
静寂じゃ
わしには何も起こらなかったんじゃ

雨が降るのなら降り続けて欲しいと思うのよ。雨の後のぬかるんだ道は嫌なのよ。(マダム・チョウチョ)

ホントはこんな曲ばかりになる予定だったけど、なんでも予定どおりにはならないんだよね。(Little Mustapha)

13.

Sky is burned
The night is near
But time is stoped
I'm left in here
The lights are dimmer

The ideas came
   from down below
Then I fall down
I'm corrupting slow

Is it here or it has never be
They said the end is near
Thorough the mystic haze
Let the lives live and the dreamers dream
Here's the constant fear
Twisted mind in phase
   we just saw

*Will you know
or is it too late
but you stay here
It's awful fate
    Curses you
    last of all

Insanely
   the clock will never tell you a time
But it keep moving on without me
Night time came
We'll dream in dream you
   always dreamed of
Now it come to trap you in it
Glowing stem in your mouth
Reach for heaven
   it bleed

Sky is burned
The night is near
But time is stopped
I'm left in here
The lights are dim
I was warned
The night is near
But time is stopped

「十三」

空は燃やされ
夜が近づくんじゃ
じゃが時間は止まっておる
わしはここに残された
光は暗くなっていくんじゃ

その考えは
 下方からやって来るんじゃ
そしてわしは落ちたんじゃ
わしはゆっくり腐敗していくんじゃ

それはここなのか或いは決してないことなのか
ヤツらは終わりが近いと言っておった
謎めいた靄を通して
生者を生きさせ、夢見る者に夢を見させるんじゃ
ここには絶え間ない恐怖があるんじゃ
段階ごとの捻れる心
 わしらがさっき見た

*あなたは知るの
それとも遅すぎたの?
でもあなたはここにいる
これは恐ろしい運命
 あなたを呪うのよ
  全ての終わりに

*正気の沙汰ではないのよ
 時計はあなたに時を告げないの
でもわし抜きで動き続ける
夜が来たんじゃ
*あたし達はあなたがいつも夢見た
 その夢の中で夢を見るの
今それはあなたを閉じ込めたの
あなたの口から育つ茎
楽園を目指して
 それは血を流すの

空は燃やされ
夜は近いんじゃ
じゃが時間は止まって
わしはここに置き去りじゃ
光は暗くなり
わしは警告されたんじゃ
夜は近いが
時間は止まっておる

 その恐怖に気付いた時に、あなたは終わらせたいと思うのね。でももう遅いの。始まった時から全ては終わるまで終わらないのよ。終わらせないのなら、あなたはいつまでも恐怖の中。終わらせるのなら、あなたは再び悪夢の中。でも選択の権利はあなたにないの。(マダム・チョウチョ)

ミョーに感動的かも知れないけど。全部ユニゾンにしないで交互に歌ってアリア的になった方が良かったとかも。(Little Mustapha)

14. the Dream

By and by it weaken my will
   Hazing my sight
Hiding out
   My day is still
   in warm lights

Holding furious rage
   in my eyes
Confusion after the flood
   of your lies

Coldly it's counting down
So strange it pleases me

There is the destruction far ahead of me
You lay me down
   I dream all day
Knowing the destruction far ahead of me
Why don't you wake up and resist

This demon ever stays
This game we ever play
This pain won't go away
Just stand and make them pay
Everything is falling off
This demon ever stays
This game we ever play
This pain won't go away

Everything is falling off

「夢」

少しずつわしの意志を弱めるんじゃ
 わしの視界に霞をかけとる
隠れとる
 わしの日は平穏
 暖かい光の中で

激しい怒りを抱えとる
 わしの目の中に
洪水のあとの混乱じゃ
 キミのついた嘘の

冷たく、それは秒読みを始めるんじゃ
とても不思議じゃが、それはわしを楽しませておる

わしの遙か先に破壊が待っておるんじゃ
キミはわしを横たえて
 わしは一日中夢を見ておる
遙か先に破壊が待っておることを知りながら
どうしてキミは起きて抵抗しようとしないんじゃ

この悪魔はいつもここにおる
わしらがいつもするこのゲーム
この苦痛は消え去らない
耐えてヤツらに支払わせるんじゃ
全ては落ちていくんじゃ
この悪魔はいつもここにおる
わしらがいつもするこのゲーム
この苦痛は消え去らない

全ては落ちていく

 目覚める時がきたの。あなたが望んだ結末はここにはなかったの。でも全てが崩れ落ちた後に何が残るの?夢から覚めて地獄で目覚めるのよ。(マダム・チョウチョ)

 こういう曲が好きだけど、こういうのは意外と少ないということに気付いたよ。でもこういう曲は難しい曲でもあるから仕方ないけど。(Little Mustapha)

15. Wake Up in Thirst

(Instrumental)

「乾きで目覚める」

(カラオケ)

 目覚めたら、もう会うことは出来ないの。そして全ての思い出は干涸らびて、そして風に舞い消えていくの。(マダム・チョウチョ)

 いつもどおりに目が覚めたのになぜか気分が良い時ってあるよね。(曲とは関係ないけどLittle Mustapha)

 ここでフレットレス・ギターが使われている!(Little Mustapha)

16. the Day Fades in Dark

(Instrumental)

「その日は暗闇に消えていく」

(カラオケ)

 暗闇の中、再び眠りにつくの。そして水はあなたを潤し平穏をもたらすの。あなたのその暗闇に。(マダム・チョウチョ)

 一曲目になる予定だったけど、長すぎるから最後に。ちなみに一曲目はこれの縮小版。(Little Mustapha)

ボーナストラックはアルバムを購入すると聴くことが出来ます。

17. the Bonus

(Instrumental)

「賞与」

(カラオケ)

 今回のアルバムの曲を作り始めて最初に出来た曲だったけど、最終的にはコンセプトと違うということでボーナストラックになったという意味でザ・ボーナスなのさ。(なぜか威張っているLittle Mustapha)

18. Stoic Cat's Etude

(Instrumental)

「ストイックなネコの練習曲」

(カラオケ)

 ボーカルは毘沙門洞窟の近くにいた目つきの悪い野良猫くん。この曲を流しているとネコが寄ってくるというウワサもあるよ。(Little Mustapha)