Garbage
(2006)
Little Mustapha

SAMPLES」にMP3ファイルがあります。

 ミニアルバムとマキシシングルは同義語なのか、それともそれぞれに違った意味が含まれているのか。そんなことはどうでもいいですがLittle Mustaphaの新作"Garbage"が発表されました。
 まともに作った曲は6曲目までなのに、これはミニアルバムでもマキシシングルでもなく、フルアルバムなのだとLittle Mustaphaは言い張っています。どうでもいいと思います。
 2006年に一枚もアルバムを作っていないから慌てて作ったものなのですから、中身もそこそこ。でもLittle Mustaphaの命令でこのアルバムは「最先端でチョーカッコイイアルバム」と表現しなくてはいけないのです。(ミドル・ムスタファ)

Duplicating the Break of Darn

夜明けを複製する

夜明けというのは一瞬だけすごく美しいのだけど、それがいつまでも続かないのは寂しい感じだよねえ。だから最新テクノロジーで夜明けを複製して地獄的に美しいものを作る必要があるんだよ。(地獄的に酔っているLittle Mustaphaの発言より)

How the Morning Starts -->the Morning was Not Morning

このように朝は始まる→その朝は朝じゃなかった

二曲が一緒になったような曲だけど、これはどっちも同じ曲の一部なんだよ。片方だけでは曲として成り立たないんだ。(Little Mustapha)

一曲にしないで二曲に分ければ、それぞれで良い曲になったような気もしますけど。やるべきでないことをやるのは得意ですねえ。(ミドル・ムスタファ、試聴後の感想より)

the Wonder-X

不思議ペケ

歌詞は地底人語ではないんだよ。また地底人が出てくると思って期待した人はガッカリだけどね。これはある曲のボーカルを逆から再生したものに無理矢理曲を付けたんだ。どの曲を使ったかは"the Wonder-Y"を聴けば解るけどね。なんだか曲も元の曲に似てしまったよ。不思議だよね。(Little Mustapha)

あら何なんですの、これ?笑ってしまいますわ!(プリンセス・ブラックホールの口癖)

Night in the Mirror

鏡の中の夜

ちゃんと曲を作る気がない時はこういうのをやればいい。(思わずでたLittle Mustaphaの本音より)

これのどこが曲なんだ?(Dr.ムスタファ、試聴後の感想より)

謎めいています。私はこれを聴いて私の書いた「鏡の季節」という小説を…[未完](マイクロ・ムスタファ、試聴後の感想より)

Evil Spirit Will Be Good After All

結局悪の精神は善でしょう

多分、これまでで初めて1.5音下げチューニングのギター用に作った曲だよ。しかも、もう一つのギターは普通のチューニングで弾いてるところがいいよね。でもこのこだわりに気付く人はあまりいないよねえ。この曲も歌詞は地底人語ではなくて、別のある曲のボーカルを逆から再生したやつ。(Little Mustapha)

善と悪の定義なんて誰にも出来ないのさ。(ニヒル・ムスタファ、「週刊善悪」インタビューより)

こうして聴いていると、意味のあることを歌っているようにも聞こえますねえ。(ミドル・ムスタファ、試聴後の感想より)

When You Become an Angel (We'll Be Lost in Hell)

キミが天使になる時(わしらは地獄で迷子じゃろう)

夢の中で流れていた曲を再現してみたんだよ。ただ問題は夢の中の曲って、大抵誰かの曲のパクリなんだよねえ。ここまでいじったら誰も気付かないと思うけどね。ホントは歌を付けてもっとポップな曲にしたかったんだけど、こっちの方が夢の中で聴いた感じに近いからね。そのおかげで久々にラジオをプレイすることも出来たよ。(Little Mustapha)

これまでとは違った感じで「いろんな人に嫌われる曲」を作ることに成功していますね。(ミドル・ムスタファ、試聴後の感想より)

無意識の中にあるものが美しいものであることなんてあり得ないのさ。(ニヒル・ムスタファ「月刊アンコンシャス」インタビューより)

小さな子供にとって知らない街で迷子になることほど恐ろしいものはありません。私はこの曲を聴いて、私の書いた「迷子の季節」という小説を…[未完](マイクロ・ムスタファ、試聴後の感想より)

the King of Garbage (Suspended)

生ゴミ王(中断された)

やあ!生ゴミ王だよ。
まことに遺憾ながら、このアルバムは中断されます。

もし知識なしに考えるなら
わしはと頼っていた何かを失ったと考えるじゃろう

でもわしは生ゴミ王
これが音楽である限り
そこには常にメッセージがある

だってわしは生ゴミ王
知識の排泄物

わしは戻って来るであろう
最大の悪い月として
でなくば、永遠に姿を消そう
残念なことにそっちの方が賢い選択かもしれん

畜生!
コン畜生!
畜生!
(そのとおり!)

腹の立つことはいろいろあるよねえ。ボクが変なウィルスに感染して二日間何も出来ずに寝ていたことも腹が立つよ。そのためにこの曲のボーカルパートは録音することが出来なかったんだから。でも「生ゴミ王」が言っているように、この曲はちゃんと録音されて「最大の悪い月」として戻ってくるからね。覚悟しとけよ!(Little Mustapha)

the Wonder-Y (Bonus Garbage)

不思議だわい

Bonus Garbageとはこのアルバムにおいてボーナストラックの異名です。

"the Wonder-X"を逆から再生しただけの曲。これを曲と言っていいのかどうかは微妙だけどね。少なくとも作曲はしてないよね。でも面白いことに気付いたんだよ。元の曲は前のアルバムに収録した"Wonderland Hollywood"という曲なんだけど。ああいう曲って逆から再生するとサビがいわゆるAメロとかに聞こえて、Aメロとかがサビっぽくなるんだよねえ。まあ、全てに当てはまるとは言えないけど。これからはネタに困ったら昔の曲を逆から再生すれば良さそうだね。(Little Mustapha)

And Evil Spirit Vice Versa (Bonus Garbage)

逆に悪の精神も

これは"Evil Spirit Will Be Good After All"を逆から再生しただけの曲だよ。知ってる人はよく知ってる"Drink Needs Me"のボーカルを使った曲だね。自分の曲を逆から再生するってことは良くやる遊びなんだけど、そのたびに腹が立つのは逆から再生した方がカッコイイフレーズとかが多いことだよねえ。あるフレーズを譜面にした時は、それを逆から読んだ譜面も書いた方がいいということかな。(Little Mustapha)