Ground Nadir Horror
(2003)
Little Mustapha

Ground Nadir Horror(地底の恐怖)について。

Ground Nadir Horrorというのは、明確なストーリーのない映画のようなもの。歌詞や曲名を見ても、あるいは曲自体をとおして聞いてもそれぞれの曲にはあまりつながりは感じられないと思う。それでも、個々の曲は全てGround Nadir Horrorという話の中でおこる、一連の悪夢なのである。(Little Mustapha)

ヤツはまた嘘を言っていやがる。オレはしってるぜ。ヤツは一つのことをやっていると、なぜか他に気がいってしょうがなくなっちまうのさ。この作品に統一感がないのはそれが原因なのさ。いつものことだよ。(ニヒル・ムスタファ)

あたくしに何を言えとおっしゃるの?こんなものは聴きたくありませんわ。それよりもあたくしの新曲はいつ作ってくださるの?(プリンセス・ブラックホール)

非常に興味深いミステリーです。この中の何曲かは私の執筆中の作品に共通するところがあるんです。私はこのような偶然こそがあらゆる恐怖の根源であり、あらゆる物語に何かとてつもない[未完](マイクロ・ムスタファ)

Paranormal Pain

To deny reality
Let the dead man walk at night
My body is dead
But I'm still living
I've never pass the gate of light

I pull my eyes nad now it's on your dish
I was watching you from inside of you
I'm a man of lie, coming from your wish
It hurts just a few, but nothing bother you

It sweeter than sweet
Paranormal pain
Yopu can't live without it
Paranormal pain

Never sleep when it's around
It needs your tounge
It feeds your pain
I'm not I am when I'm asleep
Don't close your eyes when I'm around

超常的苦痛

死人が夜中に歩いたら
これが現実じゃないって言えるのう
わしの肉体は死んどるが
わしはまだ生きとる
わしはまだ光の門をくぐっとらんから

わしは目玉をくり抜く
それは今キミの皿の上
わしは君を見とったんじゃ
キミの中から
わしはキミの願い事から生まれた
虚構の男
ちょっと痛いかもしれんが
キミを苦しめるほどじゃあないよ

お菓子より甘い
超常的苦痛
キミはこれなしには生きられんよ
超常的苦痛なしには

そいつがある時には寝ちゃあいかん
そいつにはキミの舌が必要で
そんでキミの苦痛に餌をやる
わしは寝てる時にゃあわしではないんじゃ
わしがいる時には目を閉じるんじゃないぞ

serenity

Like the memory splashes in light
The darkest vision relishes my fears

My eyes see the nights
In your minds

I can find a saddness under your smile
And I kiss in my unsharpen dream

But your lips are so pale
So cold

Every one can see you but me
You're not here but I'm still feeling

You're in the chest
Under the floor
Of my room

静寂

記憶が光の中でしぶきを上げるように
真っ暗な幻影はわしの恐怖を享受する

わしの目はキミの心に
夜を見る

わしにはキミの微笑みに隠された悲しみが解る
そんでわしはぼんやりとした夢の中でキミに接吻する

でもキミの唇は色あせて、えらく冷たい

みんにはキミが見えるのに、わしには見えない
キミはここに居ないけど、わしはまだ感じとるよ

わしの部屋の
床の下の
箱の中にいるキミのことを

You are Every Reason of My Living

I can remamber when I saw you
You're dancing on the high school yard
Your school dress was shining bright
and tender breeze comb your hair

Then I wonder
Why it's always sticking my feelings

I'm a dreamer in your dream
I think of you everyday and night
Your beauty is almost sin
But you are flying with your angel

Oh baby, you're every reason of my living

Why does it seem so far away
I try to hide the pain you never know
I know that I'm so blind
It made the man inside me
He's a psychopath

I'm dirty and I'm thirsty
I have to tie you up
It's my duty because you're guilty
You got to understand it

キミはわしの生きとる全ての理由じゃ

キミを見た時のことまだ覚えとるよ
キミは学校の裏庭で踊っておったのう
制服がキラキラ輝いて
そよ風はキミの髪を優しく撫でていったんじゃ

そんでわしは思ったんじゃ
どうしてこんなことがわしの気持ちを串刺しにするんじゃ、と

わしはキミが夢見る夢見る人
四六時中 キミのこと思っておるよ
キミの美しさはほとんど罪
でもキミは天使と一緒に空を飛んどる

ああベイビー、キミはわしが生きとる全ての理由じゃ

どうしてこんなにも遠くに思えるんじゃ
わしはキミが決して知らない痛みを隠そうとしとる
わしはとっても盲目
それでわしの中にはある男が生まれた
そいつはかなりの変人じゃ

わしはお下劣、わしは渇いとる
わしはキミを縛り上げなきゃいかん
これはわしの義務、キミは罪人じゃから
解っとるじゃろう

the Dehydrator

Here I come with the flickering sandstorm
listen to my words you will see'em on your grave
Don't you be afried I'm not here to scare you
you got to understand before they sing the Love & Peace

Do you believe in god or do you believe in yourself?
When you find the truth in the demon's mouth
Did your lady luck lick your ears softly?
Did she whisper that you're really nusty one?

You could see a broken world
If you can trat them right
you're always calling my name
Inside of you
(in dehydrated mind)

脱水機

チカチカする砂嵐の中からわしは来た
わしの言うことを聞くんじゃ、キミはそれをキミの墓石に書かれているのを見るじゃろう
わしは君を怖がらせに来たんじゃないから、怖がるんじゃあない
奴らが愛と平和を歌い出す前に解っとくべきじゃ

キミは壊れた世界を見る
もしキミが奴らをうまくあしらえたなら
キミはいつでもわしを呼んでおった
キミの中で
--脱水された心の中で--

神様を信じる?自分を信じる?
悪魔の口の中に真実を見つけたときは
キミの幸運の女神はキミの耳を優しく舐めたのか?
彼女はキミがホントに助平だ、とささやいたか?

アージャコージャドージャ.....(現代ない性の出せ道徳性 抜け
奴らはキミはキミの 手に入れた目をキミの足を食べる
奴らは 舌を燃やす)

empty

Was it years ago or last night?
There were roses and I felt so warm

I look up the sky and I try to remember the feelings
I see the stars it's shining but not like before

I want it to rain to wash pu the stain
I'm empty again
I'm alone again

Sometimes I laugh though I know it won't fill up this emptiness
Sometimes I wonder how I feel when you break the silence

I'm watching the door
No one come in
I'm empty again
I'm alone again

I dreamed last night
You were still there
And the sun rises without heat

The birds starts to sing
I hope everyone hear thins tune
I lie on my bed, fall asleep hearing this saddest song

Out of my dream there's nothing to do
I'm empty again
I'm alone again

空虚

それは何年も前の事じゃったかのう?
それとも昨晩のことじゃったかのう?
そこにはバラがあって、わしはとっても暖かな感じじゃった

わしは空を見上げてその感じを思い出そうとしとるんじゃ
星が見えて、キラキラしとるが前とは違うんじゃ

雨が降ればいいのになあ
シミが洗い流せるからのう
わしはまたからっぽ
わしはまた一人じゃ

時々わしは笑う
それがこの空しさをどうにかしてくれるはずがないと知っていても
時々わしは思う
キミがこの静寂をやぶるとしたら、わしはどんな気持ちじゃろうかと

ドアを見ている
誰も入ってはこない
わしはまたからっぽ
わしはまた一人じゃ

わしは昨晩夢をみたんじゃ
キミはまだそこにいたんじゃ
そして太陽は冷えたまま昇ってきたんじゃ

鳥たちが鳴き始めて、わしはみんながこの歌を聴けたらいいのになあと願う
ベッドに横たわって、眠りに落ちる、このうえなく寂しい歌を聴きながら

夢の外では
やることもないんじゃ
わしはまたからっぽ
わしはまた一人じゃ