Arty Pt.2 : Inner Earth Philosophy
(2017)
Little Mustapha

アートとは哲学における解の一つの形態であり、音楽はまたアートの哲学的解釈のうちの一つである。
すなわち、この真理を理解するには全てを無にする必要があり、また無もその全ての中にあることを示さなければならない。
解ったフリをする必要はない。
私は意味のないことを書いているのだ。多くの哲学書が多くの人々にとって意味をなさないのと同様に。

Introspection

(Instrumental)

内省

(カラオケ)

私は自己の内面を見つめてみたのだが、そこには何も無い。
(内務省ではない。)

PageTOP

Normalize

(Instrumental)

標準化

(カラオケ)

標準的でないものは排除するか、あるいは標準的になるように強制する。

PageTOP

Collision

(Instrumental)

衝突

(カラオケ)

近くにあるものは衝突しやすい。それが人や国であっても同様に。

PageTOP

Prejudice

(Instrumental)

偏見

(カラオケ)

純粋な心の持ち主が現れない限り、それが偏見なのかどうかは解らない。

PageTOP

Coordination

(Instrumental)

同調

(カラオケ)

平和である。ヒマでもある。

PageTOP

Congruity

(Instrumental)

調和

(カラオケ)

簡単に乱すことの出来る調和は真の調和ではないかも知れない。

PageTOP

Tolerance

(Instrumental)

寛容

(カラオケ)

真ん中よりも少し遠めという適度な距離感。

PageTOP

Conflict

(Instrumental)

対立

(カラオケ)

全てが循環する世界では、離れることは近づくことでもある。

PageTOP

Outrospection

(Instrumental)

外省

(カラオケ)

内面を見つめるのが嫌になったら外面を見れば良い。色んな事が気になって内面どころではなくなる。
(外務省ではない。)

PageTOP