RADIO Raggio
(2004)
Little Mustapha

SAMPLES」にMP3ファイルがあります。

「使われていないはずの周波数にラジオのチャンネルを合わせてみると、迷惑な音楽が流れてくる。それは、きっとRADIO Raggioに違いありません」
というコンセプトで作られたアルバムが完成いたしいました。ラジオというだけあって、Little Mustaphaがラジカセを楽器として使うということに挑戦しています。楽器として使えているかどうかはみなさんの判断次第ですが、内容はいつもどおり混沌としています。

01. You're Listening to RADIO Raggio

01. 今聴いているのは光線ラジオ局です

 架空のラジオ局「光線ラジオ」のテーマソング的な曲。これを受け入れられたら、もうあなたは光線ラジオの虜。そうでなくても光線ラジオはいつまでも放送を続けるでしょう。

02. Violence in Blue

02. ブルーな暴力

元をたどればブルースにたどり着く。
Little Mustaphaのレディオ・プレーが効果的な曲。

03. Nice Pillow

03. 良い枕

突然ですが、憩いのひととき。良い枕があればあなたはどこでも眠ることが出来るのです。

04. Terrors of the Killer Beans

04. 殺人豆の恐怖

 レコーディング中、Little Mustaphaは殺人豆に襲われたが何とか逃れることが出来た。
気をつけてください。今度はあなたの番かも知れません。
 殺人豆とは集団で人を襲う恐怖の枝豆らしい。どうやって襲うのかは知りませんが。

Animus

05. アニムス

何とも心地よいメタル。

06. Old Temple

06. 古寺

 どうして「古寺」なんてタイトルを付けたのか解らなかった。それで、もう一度この曲の雰囲気をよく考えてみたらやっと解った。これは「沈める寺」(ドビッシー)のイメージだったんだ!
 ビックリマークをつけて驚くほどじゃないけど。「沈める寺」のポップバージョン。でも原曲をアレンジした訳ではないよ。とにかく雰囲気だけの曲。メロディーは無いけど趣がある。ホワイトノイズとカモメギターがステキ!

07. the Horse Man

07. 恐怖の馬男

恐怖の馬男

(馬男語聞き取り、訳、Dr.ムスタファ)

おいら馬男は休みなし
おいら馬男はベジタリアン
脂肪なんていらんし、必要もない
筋肉だけがわしの命

わしに乗りたいって?
それなら6000馬力の自動車のようにパワフルじゃないといかんよ
さもなくばおっこちて首を折るにきまっとる
どっちにしろわしは誰かを背中に乗せるのは好かんのじゃ

わしは世界一の格好いい馬男
わしは新鮮なニンジンを毎晩食べとる
マヨネーズなんかつけないさ
あれをつけたら太っちまう
脂肪はいらない
わしに必要なのは筋肉だけ

わしは格好いい馬男
わしに惚れたと思ったら気をつけないと怪我するぜ
わしは面長の馬男
わしは巨大な歯の馬男
わしはサラサラ尻尾の馬男
わしは人間じゃない馬男

 ザ・ホースマンは騎士ではない。恐ろしい汚染物質によって生まれた恐怖の馬男なのである。
ザ・ホースマンはニンジンが大好き。決して人に危害を加えない気のいい仲間。

08. Poor Memory

In this life of boring story
I'm trying to say that I'm so sorry
There's no use to do it again
You were so wrong before you started

Can you stand if don't remember your name
Don't walk away but I can't recognize your face
I know you but I don't know who I am

I'm left alone ine this illness
Some one says that I'm hopeless
Cruel night came to my bedroom
I don't care I'm already messed up

(Oh my) poor memory!
I lost my memory

Your memory!
I lost your memory
I think I'm dreaming
This must be a bad dream

08. 気の毒な記憶

退屈なお話のこの生活で
わしはすいませんと言おうとしとる
やり直そうったって無駄なこと
キミは始める前から間違っとったんじゃ

キミはわしがキミの名前を覚えてないのに耐えられるのかね
行かないでおくれ、でもわしはキミの顔すら解らんよ
わしはキミを知ってるがわしは誰なんじゃ

わしは一人この病気の中に取り残された
誰かがわしは望み薄じゃと言っとる
残忍な夜がわしの寝室にやってきた
気にするもんかね、わしはすでに混乱しとるんじゃから

気の毒な記憶よ
わしは記憶をなくしたようじゃ

キミの記憶
わしはキミの記憶をなくしたようじゃ
わしは夢を見とるのか
コレは悪い夢に違いない

軽快で?ご機嫌な?ロックナンバー?

09. Anima

09. アニマ

ノリがいいのか悪いのか。良く解らないロケンロール!

10. One A.M.

10. 午前一時

AMとは午前のAMなのか、それともラジオのAMなのか・・・
 AM放送のノイズはFMのノイズより味がある。FMはサラサラで単調だけど、AMの場合ゴリゴリしてて、低音から高音までバラエティーに富んだノイズが出てくる。加工のしがいがあるノイズなんだ。
 そんなことを午前一時過ぎまでやっているとこんな寂しい曲が出来てしまうのです。

11. Rhapsody of Murderer

11. 殺人鬼テケテケ狂詩曲

非情でハレンチな殺人鬼。今あなたの後ろにいます。
ぎりぎり曲になってる?なってない?

12. Vermilion Tower (Taste of Asia ?)

12. 朱色の塔(アジアンテイスト?)

この不思議サウンドは実はエレキ・ギターの音だったりする。
高温多湿の朱色の塔。なま暖かい風も吹いている。
眠くなったら大成功。

13. Buena Almohadilla

13. ええ枕

この曲どっかで聴かなかった?まあええか。
スイートなモントゥーノが素敵なノリのええ曲。

14. MUGs

14. マグカップ音頭

 マグカップとペットボトルの音だけで作ったマグカップ音頭。見渡せばそこら中に楽器が転がっていることに気付く人はあまりいません。ものを見たらとりあえずたたいてみましょう。それはもしかすると素敵な音色の楽器かも知れません。
 ただし人のものをたたいて壊したり、人の頭をたたいて怒られたとしても私は一切責任を負いません。

15. Diggers for the Grave Diggers (or Muscling)

15. 墓堀の墓堀(もしくは筋肉を付ける)

 毎日少しずつ自分の墓穴を掘るような生活。でもそんなあなたの墓を掘る人間はまた別のところにいるのです。
 Little Mustaphaの近代風、メタル意欲作。

16. Coughing

16. 咳き込み

 こういう曲はピアノの独奏でやると現代音楽になるけど、メタルでやるとジョークになる。 私の考えでは現代音楽の半分以上がこういう感じのジョークである。ありがたく思って聴く必要はなし?

17. Poor Memory (el Nilo Remix)

17. 気の毒な記憶(ナイル川音頭)

 軽快なロックのテンポが実は理想的ナイル川音頭のリズムと同じだということが解りました。
でも「ナイル川音頭」って何?

18. Una Noche

18. ある夜

ある夜の不思議な出来事。或いは変態催眠術師の洗脳用音楽。
眠くなったら大成功。ウヘヘヘヘ・・・

EXTRA TRACKS

19. Message from the Horse Man

19. 恐怖の馬男から伝言

普段は無口なウマ男さんからみなさんへのメッセージ。
何て言っているのかは解りません。

20. Nice pillow (Students Lounge Version)

20. 良い枕(学生ロビーバージョン)

ライブバージョンではない。
ヘブンリーな学生ロビーバージョン。

21. I didn't Write a Song Like This

21. こんな曲は作っていない

 この曲を作ったのは誰でもないのです。誰も作らなかったものがアルバムの中に収録されているのです。
 これはきっと霊界から送られてきたのでしょう。