Six Legged Part One, Two & More
(2004)
Little Mustapha

SAMPLES」にMP3ファイルがあります。

Six Legged リリースに関するLittle Mustapha からのメッセージはこちら
Six Legged に関する様々な情報(?)はこちらからどうぞ

01. Opening Act

前座

Part One 'Encounter'

パート・1「遭遇」

Woman with Six Legs

Go where you want to go
Then regret your fault
You don't have to turn back
I can show you your all mistakes

You think I'm a spider
But where can you find the web
Faith & fiction make spiral
Your reality is yours not mine

Go where you want to go
If you can find tell truth from dream

六本足の女

面倒くさくて歌われなかった歌詞

行きたい場所へお行きになって
そして失敗を後悔なさい
振り向かなくってもよくてよ
アタクシがあなたの間違いを全部見せてさしあげるわ

あたくしを蜘蛛だとお思いなの?
でも蜘蛛の巣はどこにもありませんわよ
信用と作り話は渦巻きの元よ
あなたの現実はあたくしの物ではございませんわ

行きたい場所へお行きになって
夢と真実の見分けがつくのなら


03. Emotionalist

感動やさん


04. Lullaby

I woke up at middle of the night
& I thought to clear my throat up
But my musle was stiff as rock
So I gave it up

'Nothing supposed to happen here'
(Finaly I understand)
Then I lied down for a while

Clock is moving but the time is not!

子守歌

面倒くさくて歌われなかった歌詞

真夜中に目が醒めた
そして咳払いをしようと思ったら
私の筋肉は岩のように固まっていたので
あきらめた

「ここでは何もおこってはいけない」
(やっと私は理解した)
そして私はしばらく横たわった

時計は動いているけど時間はそうじゃない!


05. Heavy Metal

重金属


06. Feeling Earth Blues

Feel the earth earth
Feel the earth earth
On my face

Feel the earth earth
Feel the earth earth
In my head

大地を感じるブルース

面倒くさくて歌われなかった歌詞

大地を、大地を感じる
大地を、大地を感じる
私の顔に

大地を、大地を感じる
大地を、大地を感じる
私の頭の中に


07. Chasing Phantasm

亡霊追跡


Intermission

休憩

08. Miss Nowhere Blues

I thought I loved Miss Nowhere
I thought I could feel you everywhere

I thought I loved Miss Nowhere
I thought I could feel you everywhere

Though the sky is so clear
I can't find your face anywhere

I tried to find my Miss Nowhere
But there was no Miss Nowhere anywhere

I tried to find my Miss Nowhere
But there was no Miss Nowhere anywhere

I want you to be near
But I'm nowhere when you're here

ドコデモナイ嬢のブルース

わしはドコデモナイ嬢を愛しとると思っとった
わしはキミをどこにいても感じることができると思っとった

わしはドコデモナイ嬢を愛しとると思っとった
わしはキミをどこにいても感じることができると思っとった
空はこんなに晴れ渡っているのに
わしはキミの顔をどこにも見つけられない

わしは愛しいドコデモナイ嬢を探そうとしたんじゃ
でもドコデモナイ嬢なんてのはどこにもいなかった

わしは愛しいドコデモナイ嬢を探そうとしたんじゃ
でもドコデモナイ嬢なんてのはどこにもいなかった

わしはキミにそばにいてほしいのに
キミがここにいるときはわしはどこにもいない

Part Two 'Daze'

パート・2「眩暈」


09. Morning

I woke up in the morning
Something slaps my feelings
I was chasing the fantom
In the midst of her kingdom
But now I'm in the sea of sunshine
I see my life make me feel fine

That was just a dream
Dream that I lost you
Fading out in the steam
the Dream will drown in the stream

面倒くさくて歌われなかった歌詞

朝目が覚めたんじゃ
何かがわしの気持ちを平手打ちしとる
わしは亡霊を追いかけていたんじゃ
彼女の王国の真ん中で
でもわしは今光陽の海の中
わしは人生がわしを幸せにしてくれる感じがするんじゃ

あれはただの夢じゃ
キミがいなくなる夢
蒸気の中で消えていく
夢は蒸気に溺れていくんじゃ


10. Doubt

疑念


11. Clown

道化


12. March of Six Legged Woman

六本足の女の行進


13. Holoscope

占星術


14. Dance of Six Legged Woman

六本足の女の踊り


15. Insects


16. Only in My Dream

夢の中では


17. Drain

排水路


18. I'm Feeling Earth Again

Finally I found myself
in the world that's black & white
Should I spend more time to sleep
or have I slept too much?
Anyway, I think I'm falling

I feel the earth earth
On my forehead

Every past are dark & pale
Now you are only colour I can see

Living dolls and humans for meal
I thought those things weren't real
The things are not where it is to be
Because tonight I can't feel anything
But I ...

I feel the earth earth
On my forehead

Every past are dark & pale
Now you are only colour I can see

I pull my brain out
Turn the pages
You became totally stranger

I have worked out
Nothing changes
Are you going to leave me?

I feel the earth earth
On my forehead

Every past are dark & pale
Now you are only colour I can see

She said You may not know me
But I know you before we met

またも大地を感じる

わしはとうとう気づいたんじゃ
白黒の世界の中で
わしはもっと眠るべきかのう
それともわしは眠りすぎたのか?
どのみち・わしは・落ち・ていく・感じ・じゃ

大地を、大地を感じる
大地を、大地を感じる
わしの額に
大地を、大地を感じる

過去は全部暗くて色褪せとる
今じゃキミが唯一の色じゃ

生きた人形に食用の人間
わしはそんなのは現実じゃないと思ったんじゃ
物事はあるべき場所にない
なぜって今夜は何にも感じないからのう
でもわしは

大地を、大地を感じる
大地を、大地を感じる
わしの額に
大地を、大地を感じる

過去は全部暗くて色褪せとる
今じゃキミが唯一の色じゃ

わしは脳みそをほじくり出して
ページをめくる
キミは全く赤の他人になるんじゃ

わしは成し遂げたが
何にも変わりゃせん
キミはわしの元を去ってゆくのかのう?

大地を、大地を感じる
大地を、大地を感じる
わしの額に
大地を、大地を感じる

彼女はあなたはあたくしのことをご存じないかもしれませんが
わたくしはずっとあなたのことを存じ上げていましたのよ、と言ったんじゃ

過去は全部暗くて色褪せとる
今じゃキミが唯一の色じゃ


19. Reverse

I could grow up if I spend bad times
I'm falling down with the sands of time, oh no!

I read books from the last page
I just want to go back my place

My consience had melt in the sweetness of cheap wine
I never return, I just reverse things for nothing

Stay in my dream
Or back to where
I can't reach

Maybe we meet again at the place like this
No charity for dreaming dead
Do you laugh at me?

裏返し

いやな時間を過ごせば成長できるじゃろう
わしは時間の砂とともに落ちていく、あれまあ

わしは本を最後から読む
わしはただ元いた場所に帰りたいんじゃ

わしの良心は安ワインの甘みの中に溶けちまった
わしは戻らない、ただ虚しく裏返しにするだけじゃ

わしの夢にとどまってくれんかのう
じゃなければわしの手の届かないところへ
戻るがいい

わしらはまたこんな場所で会うかもしれんなあ
夢見る死人に救済はなしじゃ
キミはわしを笑うか?

わしの夢にとどまってくれんかのう
じゃなければわしの手の届かないところへ
戻るがいい

わしらはまたこんな場所で会うかもしれんなあ
夢見る死人に救済はなしじゃ
キミはわしを笑うか?

20. Untitled-3

名称未設定-3

21. Six Legged Woman's Dream

夢見る六本足の女

22. W.F.A.W.

Roaming around at middle of night
You don't know what you looking for
I know what's happening here
She'll back to bring you back

Conjuer up all the wastes of luck
I feel something on my back
These bottles won't help me anymore
I saw the woman from another world

Light the night with the frame of hell
You can't see her but I can tell
She is so smart that you can 't run
The six legged beast will tear you apart

Shaking your head you wonder
Why you have got to surrender
They say you should stand back
But it calls your name...
it calls my (name)

Watching your hand you wonder
Why you are always outsider
They said you should go away
But it's calling you...
it calling me

Standing alone I wonder
Why I am always outsider
They say I should get out now
Who will call my name...
What are you looking for

別世界出身の女

真夜中にうろつく
キミは何を探してるのか見当もつかない
わしはここで何が起きてるのかちゃんと解っとるよ
彼女はキミを連れ戻しに還ってくるんじゃ

幸運の残骸を呼び出すんじゃ
わしは背後に気配を感じる
この酒はもう助けにはならん
わしは別世界出身の女性を見ちまった

地獄の炎で夜を照らすんじゃ
キミに彼女は見えんかもしれんがわしには解る
彼女は賢くてキミは逃げられんよ
六本足の怪物がキミを引き裂くんじゃ

キミは頭を振って
どうしてキミは降伏しなきゃいかんのか、と思う
みんなはキミは離れているべきじゃと言うが
でもあれはキミの名を呼んどる
・・・わしの名を呼んどる

キミはじっと手を見て考える
どうしてキミはいつも部外者なのかと
みんなはキミがどっかへ行くべきじゃと言うが
でも、あれがキミを呼んどる
・・・わしを呼んどる

一人立ちつくして、わしは考える
どうしてわしはいつでもよそ者なのかと
みんなはわしがすぐに出ていくべきじゃと言うが
誰がわしの名前を呼ぶんじゃ?
キミは何を探しとるんじゃ?