Technologia (Season1)
(2008)
Little Mustapha

SAMPLES」にMP3ファイルがあります。

時間をかければかけただけ作品が良くなるとは限らない。時には良くなるし悪くもなるのだ。この作品がどちらなのか知らないが、作り始めてから二年以上の歳月を経て完成したものだ。
音楽的なスランプ、そしてあらゆる機材のトラブルを乗り越えてようやく完成した"Technologia"はいつものLittle Mustaphaの作品とあまり変わらないかも知れない。しかし「あらゆる困難を乗り越えて作られたからこそ、この作品は最新でチョー格好いいR&B(ラッパ・アンド・爆音)なんだよ」とLittle Mustaphaは言っている。
少なくとも彼は満足しているようだ。この達成感は途中で投げ出す者には味わえないかも知れない。そしてLittle Mustaphaはその良く解らない達成感だけのために創作しているのだろう。
果たしてそんな作品にどれだけの価値があるのか、判断は各人にまかせるとしよう。
"Daily Technologia"(文化コーナー)より

"Technologia"は壮大な物語なんだよ。だから今回はSeason1なんだ。Season1は地上編という感じかな。Season2は地底編になると思うけど。でもこのSeason1にも地底文化が沢山影響を与えてるんだよ。
Little Mustapha

注意:地底や地底文化に関しては全くのデタラメだと思われますが、Little Mustaphaは地底世界を信じているので、そっとしておいてください。

Operation Technologia

(Instrumental)

「テクノーロジア大作戦」

(カラオケ)

彼らのものに比べたら我々の科学技術なんて幼稚園レベルだよ。(Dr.ムスタファの怪しい発言より)

Ewevinak

(Instrumental)

(エウエヴィナック?)

(カラオケ)

ewevinak[名]:ハルマゲドン。=> leweinak(「新地底語辞典」より)

それじゃあちょっと時代遅れなんじゃないのか?(ニヒル・ムスタファの発言より)

Democratic Dance Party

The democratics had a party
Democratic dance party
Optimistic pritty country
Democratic party goes on

Saturday night comes every night
Is it a problem we should care?
Monday morning can't come inside
He said it's peace and so did we oh yeah!

They said this party never ends
Demographic demonism
But arithmetic can't tell a lie
The time has come
The party is over

Hypocrite, no reply, psycho killer has the right
Who care about the things, we enjoy this party
Yes is no, No is yes It seems everything is right
I know I can't stop, No will to fight
Hemorrhage, hemorrhoid, funniy I feel no pain
Who cares about the pain, We got no brain
I say yes, You sey yes. I say no, you say no
The party goes on, nobody can't stop

The democratics, let's have a party
Democratic dance party
The democratics, let's have a party
Democratic dance party
The democratics, let's have a party
Democratic dance party
The democratics, let's have a party
The time has come
The party is over

「民主主義舞踏宴会」

民主主義者達が宴会を開いた
民主主義舞踏宴会じゃ
前向きで素敵な国
民主主義宴会は続くんじゃ

毎日が土曜の夜じゃ
わしらが気にする問題かのう?
月曜の朝は入ってこれん
ヤツが平和と言ったからわしらもそうしたんじゃい!

ヤツらはこの宴会に終わりはないと言っとる
人口統計の魔神信仰
でも算数はウソをつけん
時間は来た
宴会は終わりじゃ

偽善者、応答無し、猟奇殺人鬼的人権の主張
誰が気にするんじゃ、わしらは宴会を楽しんどる
ハイがイイエでイイエがハイ、全部が正しいみたいじゃ
わしは止まらないって知っとる、闘争心無しじゃ
出血、痔疾、痛くないぞ、おかしいな
痛みなんか気にするか、わしらには脳ミソがないんじゃ
わしはハイ、キミもハイ、わしはイイエ、キミもイイエ
宴会は続く、誰にも止められんよ

民主主義者よ、宴会をするぞ
民主主義舞踏宴会じゃ
民主主義者よ、宴会をするぞ
民主主義舞踏宴会じゃ
民主主義者よ、宴会をするぞ
時間は来た
宴会は終わりじゃ

Dr.ムスタファ訳

危険なのは民主主義が絶対であると信じてしまうことなのです。私の書いた「横並びの季節」で主人公の民屁端はそこにつけ込んで何かとてつもない…[未完](マイクロ・ムスタファ「週刊・デモクラティカル 創刊号5円」インタビューより)

久々にボクがゲスト参加してるのに気付いたかい?(ナノ・ムスタファ)

Cynical Conversation

(Instrumental)

「皮肉な会話」

(カラオケ)

これはつまり作った本人に対する皮肉ってことなのさ。(ニヒル・ムスタファ、試聴後の感想より)

Critical Conversation

(Instrumental)

「危機的会話」

(カラオケ)

なんなんですの、これ?笑ってしまいますわ。(プリンセス・ブラックホールの口癖)

We Might Have Been Flying

(Instrumental)

「飛んでいたかもしれん」

(カラオケ)

風邪をひいて熱があったりすると浮かんでいるような感覚になることがありますよねえ。そんな曲なんでしょうか?(ミドル・ムスタファ、試聴後の感想より)

私の研究では人々はもっと手軽に空の旅を楽しむことができるようになるはずなんだ。(Dr.ムスタファ「月刊ブルシット」インタビューより)

Begin the Last Day

(Instrumental)

「最後の日を始める」

(カラオケ)

今まで言うのを控えていましたが「Instrumental」というのは「カラオケ」とは意味が違うと思うんですが…(マイクロ・ムスタファ「月刊・とうとう言ってしまった 創刊号10円」インタビューより)

テンションだけじゃ最後までは持たないよね。(どこかで交わされた会話より)

Smashing the Computer

(Instrumental)

コンピューターを破壊する

(カラオケ)

自分がコンピューターを動かしてるんじゃなくて、コンピューターが自分を動かしているんじゃなか、って思うことがあるよね?(Little Mustapha、神経をすり減らしている時の発言より)

Riverbank

(Instrumental)

「土手」

(カラオケ)

あたくしの歌声は魔法の笛
あなたを惑わす魔法の笛
いつでもあなたを虜にするの
そうよ、あたくし魔性の女
(「プリンセス・ブラックホールのポエム」より)

河原とか土手で楽器の練習をしている人を見たり音を聞いたりすると、すごく平和な気分になるよねえ。(「Little Mustaphaがなんとなく言ったこと」より)

the Band from Center of the Earth

(Instrumental)

地底から来たバンド

(カラオケ)

地底ではブラスがブームなんだ。(Little Mustaphaの怪しい発言より)

Dr.ムスタファ-----「ジャズっぺな!」とかいう映画があっただろ?
一同(Dr.ムスタファ除く)-----そんなのないよ!
(試聴会で交わされた会話より)

Brand New Man

Sparkling images of far
Keep on going away at the same place so far
I could grab the sky for the traces of stars
In the fading images of far

It must be great I change the thing like he does
Brand new man in the past is now become one
Calls me by his name

I'm feeling the fate in my hand
The places where I'm not to be
He is the man they planed
They dremt of you instead of me

Brand new man is singing very old song
I used to sing but no-one know it so far

It must be great I play the game like she does
Brand new man days never came to me not like some one
I'm falling into old days

Nights of my life I live
Where can I feel the warmth again
Lies what I hate survive
I dremt of you inside of pain

Night of my life I live
The places where I'm not to be
Nights of my life I live
I dremt of you were part of me

「真新しい男」

きらめく遠くの表象
今のところ同じ場所で遠ざかり続けとる
星々の形跡のためにわしは空を掴めるかも知れん
薄れる遠くの表象のなかで

ヤツみたいに物事が変えられたら素晴らしいじゃろうなあ
過去にいる真新しい男が今は一つに
ヤツの名でわしを呼んどる

わしは運命を手の中に感じとる
わしがいない場所
ヤツこそヤツらが計画した男
ヤツらはわしの代わりにキミを夢見たんじゃ

真新しい男がとても古い歌を歌っとる
わしが歌っていたけど、今のところ誰もそれを知らないんじゃ

彼女みたいにゲームができたら素晴らしいじゃろうなあ
他の誰かと違ってわしのところに新しい日々はこない
古い日々へわしは落ちていく

わしの生きとる人生の夜
どこでわしはまた暖かさを感じられるんじゃ?
わしの嫌いなウソが生き残る
わしは苦痛の中でキミを夢見たんじゃ

わしの生きる人生の夜
わしがいない場所
わしの生きる人生の夜
わしはキミがわしの一部だという夢を見たんじゃ
Dr.ムスタファ訳

安易な比喩表現は時に思わぬ誤解を招くことがあるのです。それを逆に利用して私は何かとてつもない…[未完](マイクロ・ムスタファ「決定版・マイクロ文学入門」より)

Castle of the East

(Instrumental)

「東の城」

(カラオケ)

東の城のさらに東には我々が見たこともない世界が広がっているとウワサされています。(「月刊・東の城 創刊号:原寸大江戸城付き2円」より)

Side by Side

When you feel me inside
I go outside
Walk on the bright side
of the road

And in deep inside
The doors are open wide
And the price of pride
Not high enough to take a ride

The scars you try to hide
Are the light which guide
To the one who decide
And we walk side by side

We walk side by side we walk side by side we walk side by side we walk side by side we walk side by side we walk side by side we walk side by side

「並んで」

キミがわしを内に感じる時
わしは外出
明るい側を歩く
道の

それで奥底では
扉は開いとる
そんで自尊心の値段は
乗り回せるほど高くない

キミが隠そうとする傷は
道案内する光
決断した人へ
そんでわしらは並んで歩く

わしらは並んで歩くわしらは並んで歩くわしらは並んで歩くわしらは並んで歩くわしらは並んで歩くわしらは並んで歩くわしらは並んで歩く
Dr.ムスタファ訳

詩と言葉遊びは全く違うものです。もしそれが同じものだというのなら、それは何かとてつもない…[未完](マイクロ・ムスタファ「続・決定版・マイクロ文学入門」より)

Gate of the Empire

(Instrumental)

「帝国の門」

(カラオケ)

帝国の門をくぐるとそこには我々が見たこともないような世界が広がっているとウワサされています。(「月刊・帝国の門 創刊号:原寸大パリの凱旋門付き7円」より)

It was Cloudy Yesterday

(Instrumental)

「昨日は曇りじゃった」

(カラオケ)

風はヒューと吹くのではなくてボゴボゴと吹くよね。(Little Mustapha「週刊・風の音の科学」インタビューより)

Novelization

Nothing moves me I am frozen
I think about the glory of some other story
I was running she was so scary
Hell is sometimes paradise like no other story

Once again I see another time's wasted
Not again she is spanking me with her velvet

No reality I must be dreaming
But she want me to sing that tune like I did before

Just like I was in the ugly movie
Like nymphomaniac she was so affective
Imaginary woman she just like me
It sometimes hurts me but I need it more effective

I'm so sorry I was chosen
I'm gonna save this world from all incoherences
That's not glory I am greasy
She grab me with her nasty hand and say I've never been here

Just like I was in the ugly movie
Like nymphomaniac she was so affective
Imaginary woman she just like me
It sometimes hurts me but I need it more effective

Nice time always end up with a nightmare
I feel so numb but she is so attractive
I don't care if the things are always not fair
The more I love the more she become destructive

Coword said the word
So they stop to go forword
Coword said the word
Nasty nothing of the words

「小説化」

わしは凍っとる何もわしを動かさない
わしは他の物語の栄光を考えとる
彼女は恐いからわしは逃げとる
他の物語と違って地獄は時々楽園じゃ

またもわしは時間が浪費されるのを見とる
もうやめじゃ彼女はわしをビロードで叩いとる

この現実離れ、夢に違いない
でも彼女は以前みたいにわしにあの歌を歌えと言うんじゃ

わしが醜い映画の中にいるように
色情狂のように彼女は情熱的
想像の女性、彼女はわしに似とる
これは時にわしを傷つけるがわしはもっと効果的にそれが必要じゃ

まことにすいませんが、わしは選ばれたんじゃ
わしは支離滅裂から世界を救うんじゃ
わしはベトベト、これは栄光じゃない
彼女は汚い手でわしをつかむと、わしはここに来たことがないと言ったんじゃ

わしが醜い映画の中にいるように
色情狂のように彼女は情熱的
想像の女性、彼女はわしに似とる
これは時にわしを傷つけるがわしはもっと効果的にそれが必要じゃ

良い時はいつも悪夢で終わるんじゃ
わしは麻痺しとるが彼女は魅力的
物事が公平でなかろうとわしは気にせんよ
よりわしが愛するとますます彼女は破壊的になるんじゃ

臆病者が言葉を言った
それでヤツらは進むのやめた
臆病者が言葉を言った
汚いなんでもないの言葉を
Dr.ムスタファ訳

ただ文章にするだけでは小説化にはなりません。多くの自伝にも脚色がなされているように、小説化の場合もさらなる脚色が必要なのです。もしそのことを忘れて何かを小説化しようとすれば、何かとてつもない…[未完](マイクロ・ムスタファ「五分でできる小説化・今日からあなたも小説家!」より)

the Technologia

Conpute to conjure up
The sweetest company
Messing the public
The essence of prophecy
Can not fill blanks in
My memory is empty
Humpty Dumpty
Will reveal conspiracy

Technologia
What brings to me
Dipsomania
Takes my brain away

Technologia
What brings to me
Nyctalopia
Take my dream away

Technologia
What brings to me
Technomania
They can't find the way
Technologia
What brings to me
Technologia
Takes my life away

(They can't kill it
They care so much pride
They can't fill it
They tell so much lies...)

「テクノーロジア」

呼び出すために演算せよ
あま〜い仲間を
公衆を混乱
予言の精油
空白は埋められん
記憶は空っぽじゃから
ハンプティー・ダンプティーが
陰謀を暴いてくれる

テクノーロジア
わしにもたらされたものは
飲酒癖
わしの脳を奪っていったんじゃ

テクノーロジア
わしにもたらされたものは
夜盲症
わしの夢を奪っていったんじゃ

テクノーロジア
わしにもたらされたものは
テクノーロジア
ヤツらは方法が解らない
テクノーロジア
わしにもたらされたものは
テクノーロジア
わしの人生を奪っていったんじゃ

(ヤツらは殺せない
自尊心を気にしすぎじゃ
ヤツらは満たせない
ウソをつきすぎじゃ…)
Dr.ムスタファ訳

「テクノーロジア」は「テクノロジア」の地底語的な発音だからね。(Little Mustapha)

これを聴いてあたくしに何を言えっておっしゃるの?こんなのは音楽じゃありませんわ!(プリンセス・ブラックホール、試聴後の感想)

from Nowhere to Nowhere

(Instrumental)

「ドコデモナイからドコデモナイへ」

(カラオケ)

悲しみには実体なんてない、と思えたら意外と簡単に悲しみから立ち直れるものなのさ。それでもダメならそれがホントの悲しみということなのさ。(ニヒル・ムスタファ「月刊・悲壮 創刊号:ヤバイぐらいに落ち込む何か付き、100万円!」インタビューより)

New World from Old World

The coolest is your heart
It's freezing my world
I'm sinking into my mind
It's warm and safety

Delision
Where I used to be
Confusion
Where I am right now

Sometimes I see gleaming lights in the sky
Strange man says they're from new world

Fading into the light
Like stars on horizon
It's some kind of feeling
Newly created

Who said?
They came from new world
The rumors
They try not to hold

Sometimes I see blinking lights in the sky
Nothingness of great old world
Sometimes I'm feeling like I'm small toy
Emptiness that's from new world

Sometimes I see gleaming lights in the sky
Strange man says they're from new world
Sometimes I think you're the sensor of wonder
But the answers'll not come from new world

「古い世界からの新しい世界」

つめた〜いのはキミの心
わしの世界を凍らせる
わしは心に沈んでいく
暖かくて安全な

妄想、わしのいた場所
混乱は今いる場所

時々わしは空にギラギラした光を見るんじゃ
ヘンな男はそれが新しい世界から来たと言っとる

光の中に消えていく
地平線上の星のように
これはある種の感情
新しく作られた

誰が言った?
ヤツらが新しい世界から来たと
ウワサ
ヤツらが抑えないようにしとる

時々わしは空にキラキラした光を見るんじゃ
偉大な古い世界の「なんでもない」じゃ
時々わしは自分が小さな玩具に思えるんじゃ
新しい世界からの虚脱感じゃ

時々わしは空にギラギラした光を見るんじゃ
ヘンな男はそれが新しい世界から来たと言っとる
時々わしはキミのことを不思議発見器だと思うんじゃ
でも答えは新しい世界からはやってこないんじゃ
Dr.ムスタファ訳

おまえがコリン星だと思っているあの光は金星だ。よくあるコリン星の目撃談も全部金星の見間違いなのだ。(「Little Mustaphaの部屋に現れた黒衣の男が言ったこと」より)

過去の人にとって今のボクは未来人で、未来人からみたらボクは過去の人だね。(Little Mustaphaの怪しい発言より)

Flama Bull

(Instrumental)

「フラマ・ブル」

(カラオケ)

それは神の使いか、地獄からの使者か。フラマ・ブルはすごい力を持っているとウワサされている。(「月刊・神がかったキャラクター 創刊号:本物の疫病神付き0円」より)

Epic

(Instrumental)

「叙事詩」

(カラオケ)

おお、見たまえ!
あの壮大なるカバの群を
金色に輝く勇者の上を
勇ましく通り抜けるあの姿を!
これは何かとてつもない…[未完]
(マイクロ・ムスタファ「英雄の季節」より)

「Epic」というタイトルはなんとなく譜面に書かれていた仮のタイトルなんだけど、他にいいのもないしそのまま使ってしまったんだ。同名の名曲があるのは知ってるんだけどねえ。(Little Mustapha)

Communist Dance Party

Hung over and these shaking hands
We can't hide the traces of Fallen Angels

We danced then we thought again
We still can't hide the traces of the Fallen Angels at all

「共産主義舞踏宴会」

二日酔いと震える両手
わしらには「堕ちた天使たち」の痕跡は隠せない

わしらは踊って、また考えた
それでもわしらには「堕ちた天使たち」の痕跡は全く隠せない
Dr.ムスタファ訳

共産圏でもアレのことを「堕ちた天使」と表現するのかは解らないけどね。(Little Mustapha、エックス・ファイルを見てないと何のことだか解らない発言より)

ダブダブのダブに比べたら、それほどダブでもないよね。ダブならもっとダブダブにするからね。(Little Mustapha、ダブダブに酔っ払っている時の発言より)

the King of Garbage (IndustrealisticMix)

The other side of the mirror
There is the king of fool
Sometimes he looks
Like you, like him , like me
He makes a man human
He made a lot I got
A sad barbarian
He got to get a lot

Dreaming he wants genocide
Smoothly oozily magnified
We can see them side by side
Carefuly you must analize

The eye of realism
The prayer for nothing
The power of knowledge
It makes a man woman
None of us can hear
He's saying I did, you did
Some of us can hear
He saying KILL'EM KILL'EM

He never thought a thing
He only see I thought
By power of magic
He knows you want to know

Only she can hear
He's saying you're beautiful
In the mouth of fear
He said your man's no more

Dreaming he wants genocide
Smoothly oozily magnified
We can see them side by side
Carefuly you must analize

THE OTHOER SIDE OF THE MIRROR
THERE IS THE KING OF FOOL
SOMETIMES HE LOOKS
LIKE YOU, LIKE HIM, LIKE ME
HE MAKES A MAN HUMAN
HE MADE ALOT I GOT
A SAD BARBARIAN
HE GAT GET A LOT

We'll be fooled
If the men in black said
What you saw is
Venus who's seen us

(Quit it, you quiter
The quiter is just to quit
Long for it, you longer
The longer is little too long)

The eye of realism
The prayer for nothing
The power of knowledge
It makes a man woman
None of us can hear
He's saying I did, you did
Some of us can hear
He saying kill'em kill'em

Sometimes you get up
Like you were man out there
Sometimes you find
Yourself in that mirror
Some of us can hear
He saying I'm not to be
But you still can feel
He wants you to kill some more

「生ゴミ王(工業現実主義混ぜ)」

鏡のむこうには
アホの王がいるんじゃ
時々やつは
キミに、ヤツに、わしに似ている
ヤツは人を人類に変えるんじゃ
ヤツはわしの得た色々を作ったんじゃ
悲しい野蛮人
ヤツは色々手に入れなきゃならん

夢見る、ヤツは大量殺戮を
滑らかにドロドロに拡大
わしらは並んでヤツらを見られるんじゃ
キミは慎重に分析せんといかん

現実主義の目
「なんでもない」への祈りじゃ
知識の力
それは男を女に変えるんじゃ
誰にも聞こえない
ヤツが「わしがした、キミがした」というのを
何人かは聞こえる
彼が「コロセ、コロセ」と言うのを

ヤツは決して考えない
ヤツはわしの考えたことを見るだけじゃ
魔法の力で
ヤツはキミの知りたいことを知るんじゃ

彼女だけは聞こえる
ヤツが「キミは美しい」というのが
恐怖の口の中で
ヤツは「キミの男はもういない」と言ったんじゃ

夢見る、ヤツは大量殺戮を
滑らかにドロドロに拡大
わしらは並んでヤツらを見られるんじゃ
キミは慎重に分析せんといかん

カガミノムコウニハ
アホノオウガイルンジャ
トキドキヤツハ
キミニ、ヤツニ、ワシニニテイル
ヤツハヒトヲジンルイニカエルンジャ
ヤツハワシノエタイロイロヲツクッタンジャ
カナシイヤバンジン
ヤツハイロイロテニイレナキャナラン 

わしらは騙されるんじゃ
もしも黒衣の男達が
キミの見たのは
わしらを見ていたヴィーナスだ、と言っても

(辞めがちな人は辞めたまえ
辞めがちな人はただ辞めるものじゃ
望みがちな人は望みたまえ
望みがちはな人はちょっと長すぎるけどなあ)

現実主義の目
「なんでもない」への祈りじゃ
知識の力
それは男を女に変えるんじゃ
誰にも聞こえない
ヤツが「わしがした、キミがした」というのを
何人かは聞こえる
彼が「殺せ、殺せ」と言うのを

時々キミは起きるんじゃ
まるであそこにいた男のように
時々キミは気付くんじゃ
あの鏡の中の自分に
何人かには聞こえる
ヤツが「わしはいない」と言うのを
でもキミはまだ感じとる
ヤツがキミにもう少し殺して欲しいと思っていると
Dr.ムスタファ訳

予告どおり私は戻ってきた。そして私は聴くものを妙な気分にさせるのだ!(生ゴミ王)

聴き所は一番最後のギターのフレーズだね。だから最後まで聴かないとダメだからね。(Little Mustapha)