大女優の卵大女優、Princess Black holeのプロフィールですのよ!
あたくしのこといろいろ教えてさしあげるわ!

今までの活躍

1999年:少年ヤングマンデーのグラビアでデビュー。

 この雑誌だけであたくしの最初で最後の水着姿が見れるのよ。
本当はビキニを着て欲しいって言われてたんですのよ。
でもあんまりお肌を露出するのはお下品な感じがするからあたくしお断りしましたのよ。

2000年:発泡酒「エナモラーダ」イメージガール。

 あたくしこういうお仕事はあんまりやりたくなかった んですのよ。
だけど、大女優への第一歩だと思って泣く泣くお引き受けしたっていうわけ。
ここだけの話、この「エナモラーダ」っていうお酒、とってもまずくて飲めたものじゃなくってよ。
 それにここの会社の人ってみんなムッツリであたくしもう嫌でたまらなかったのよ。

2001年:歌手デビュー。

 本当は歌よりも先に女優として映画に出たかったんだけど、
いまはどんなことでもこなせないと大女優にはなれないと思ってチャレンジしてみましたのよ。
 初めての作詞もしてみましたわ。あたくしって意外と詩人なのかも知れませんわ。

2002年:大活躍!

 あたくしの隠れた才能が次々に目覚めていきましたのよ。これであたくしも大女優のタマゴから真の大女優として認められるようになりましたわ!

2003年:さらに大活躍!!

 あたくしの勢いはもう誰にも止められませんわ。でもあたくしは自分の才能に溺れるようなことはありませんわ。常に初心に戻って、新陳代謝と基礎代謝ですわ!
 こんなあたくしが大女優じゃなくってなんだっていうのかしら。

2004年:止まらない快進撃!

 歌に舞台に映画にドラマ。あたくしの才能が見事に発揮されてきましたのよ。さらにアミノ酸と大豆イソフラボン配合になって、「完璧」という言葉はあたくしのためにあるようなものですわ!

2005年:不動の地位を確立!

 全ての分野において「一流=あたくし」ということがやっと認められてきましたのよ。本当は始めからあたくしが一番だということは解りきっていたことなんですけれど。

2006年:死亡説流れる!

 あまりに完璧すぎたあたくしですから、少しでも休んでしまうと変なウワサが流れてしまうんですのよ。だけど、これも一流の証ですわね。ウフッ。
 レコード大賞も紅白もオスカーもダメでいまだに無冠の帝王ならぬ無冠のプリンセス、といった感じですけれど。コラーゲン配合になってまだまだ快進撃は続くんですのよ。まだまだ、あたくしもこれからという感じですわ!

2007年:遅すぎたブログデビュー!

 もうないと半分あきらめかけていたあたくしのオフィシャルブログが開設されたんですのよ。あたくしのアンニュイでコケティッシュなメガネ画像も公開されたのですが、少し時期が遅かったようで、トラックバックの記録更新にはいたりませんでしたの。
 でも、ブログのおかげであたくしとみなさまの距離が少し縮まったという感じはいたしますわ!きっとあたくしのブログを読んで、大女優のあたくしもみなさまと同じように考えたり悩んだりしていることが解っていただけたかと思いますのよ。素敵なことですわね。ウフッ。
 それから、シングル曲も大ヒットでしたわね。色々な事情で残念ながら紅白は逃しましたけれども、今後のさらなる飛躍を感じさせる素晴らしい曲でしたわね。新たにヒアルロン酸も配合されて無敵のプリンセスになっていくんですのね。

2008年:ハッスルからロココへ

 画期的ニューシングルや大女優として舞台や映画で大活躍でしたわね。そしてなによりも、あたくしのオフィシャルブログが大人気でしたわ。
 あたくしはプリンセスでございますから、ブログクイーンにはなれないのですけれども、ブログプリンセスと呼ばれても良いと思っていますのよ。
 そのブログからロココブームにも火がついてしまいましたわね。こういう流行を生み出す才能も大女優として持っていなければいけないものかも知れませんわね。
 ロココの前に使っていたハッスルという言葉ですけれど、「プロレスが好きなんですか?」と言われてから使いづらくなってしまったんですの。あたくしのようなレディがプロレスなんて知るわけないのに。でも「ハッスル」というのがあるんでございましょ?ですから、勘違いをされないように使わなくなってしまったんですのよ。でもハッスルする気持ちは忘れないようにしたいですわね。
 なんだか話がそれているかしら?ウフッ。
 とにかく2008年も大活躍できた年でしたわね。そしてさらにL-カルニチンも配合されてまた一歩完璧に近づきましたわ。

2009年:ロココの極み!

 ロココの先駆者として勢いが止まらない2009年でしたが、中でも歌姫としての実力や偉大な詩人としての才能がいかんなく発揮された「4日連続シングルリリース」は素晴らしかったですわね。世界がロココに染まった四日間として各国のメディアからも絶賛されましたわ。
 そして、初のPVの問題シーンが物議を醸すなど、何をしても注目されてしまう感じでしたのよ。
 それだけにとどまらず、12月31日に発表されたシングル曲で「スズメの涙三部作」が完結し、ここから新たなる旅立ちを感じさせるという年でもありましたわ。
 これだけの大活躍にもかかわらず、基本に戻ってビタミンCが豊富に含まれて、これまで誰も見たことのないロココになりそうな予感ですわね。

2010年:時にはゴスにダークネス

 大女優でありつつロココ、歌姫でありつつロココ、偉大な詩人でありつつロココ。そんなあたくしの躍進はある意味で安定期にさしかかってきたと思われましたが、そんなところで満足しているあたくしではありませんのよ。新たにダークでゴスなテイストを取り入れてゴスロココな境地に達した年でしたわね。
 そしてあたくしがLittle Mustapha's Black holeで活躍するようになったゼロ年代が終わり新たな10年の始まりでもありましたが、あらゆる分野であたくしの新たな一面が垣間見られるようにもなりましたわね。ただし、それをはっきりとした形にするには長い時間がかかりますし、一年ではそう簡単に変わらないところでもありますけれど。きっといつか新たなロココがあたくしに備わることになるんですわね。
 そしてクエン酸、ナトリウム、さらにはカルシウムが配合されて、あたくしは最強へと一歩ずつ近づいて行くんですのよ!

2011年:新たなるロココへ

 多くの方にとって困難と悲しみを乗り越える年になりましたわね。そして多くの方の強さと優しさを感じた年でもありましたわ。
 そして、たくさんのことに気付いて、あたくしもそれまでの自分を見つめ直して新たなロココを目指すことを心に決めたんですのよ。
 時にはカロリー増量でパワフルに。そしてタンパク質にビタミンB群。アールヌーボーにはじけるプリンセスに進化いたしましたのよ。

2012年:ポエットとして

 あらゆる方面に止まらぬ進化を続けるあたくしですけれど、2012年は偉大なる詩人としての地位が確立された年でもありましたわね。
 自身のシングル曲だけでなく、スズキ・ピヨニカさんへの歌詞の提供によりあたくしの実力が認められましたのよ。
 そしてスイーツ通、ワイン通としての評論が大反響でしたわね。これも詩的な才能と、これまでの努力と経験の成せる業ということかしら?でも、まだあたくし若者ですし経験はあまりありませんわね。ウフッ!
 さらに食物繊維、ナトリウムにマグネシウムが配合。完璧へのあくなき追求がまだまだつづきますのよ。

2013年:スイーツさえもストイック

 ビタミン、ミネラル、栄養補給。スイーツでありつつストイックでアグレッシブに。養分を蓄えてさらに進化して成長した年でしたわね。
 歌姫としては、新たな好敵手(ライバル)がLMBに登場いたしましたけれど、あたくしはあたくしの実力を発揮するだけ。相も変わらぬ実力派としての才能を披露いたしましたのよ。
 そして含まれているのは全て天然由来成分で、ますますロココにアールヌーボーに体脂肪を燃焼いたしますのよ。

2014年: 全てはいつかロココになるの

 あたくしがあまりにも大女優で歌姫で、偉大なる詩人だったからなのか、LMBとの確執などもウワサされるようになった年でしたわね。
 もちろんそういったことは全て誤解なのですけれど、時にはそういったところから物事が悪化することもありますし、そういう時こそロココにアールヌーボーで自分を見つめなおす必要があるんですわね。
 他の分野では、幾多の危機を乗り越えて、最後にはやっぱりロココになる。そんな一年だったかも知れませんわね。
 そこからさらに糖質ゼロを目指して、いつまでも走り続けるんですのよ。

2015年:野心的にアールヌーボー

 大女優としての必須ビタミンに加えてむくみ対策にカリウムな一年でしたわね。
 そして歌姫、偉大なる詩人として活躍しつつ、国際的規模での陰謀に立ち向かうなど、これまでにない活躍もいたしましたわ。
 これだけの活躍を支えるものはやっぱりロココなアールヌーボーなんですけれど、アールヌーボーの養殖の研究など、更なる分野へのチャレンジもしたことを忘れてわいけませんわね。

註:Princess Black holeはLittle Mustaphaのニューハーフバージョンではありません。