MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

多分良いもの

ということで「ディザスター・アーティスト」を見たのです。

私は知らなかったのですが、カルト映画として有名な「ザ・ルーム」という映画がいかにして出来たのか、というのを描いたものなのですが。

俳優として使って貰えないなら自分達で映画を作れば良いとか、そういう感じは好きなのですが。それを本当にやるというのがなんかスゴいのです。

それで最終的には上手くいったのか、いってないのか?という感じでもあるのですが、それ以上にそこまでに色々あるし、そういうのが重要ということですかね。

この映画で描かれているのはちょとカルトすぎという感じではあるのですが、こういう映画を見るとちょっとやる気が出たりする私も結構アレなのですが。
やりたいことを追求するというのは良いということでしょうか。

それとは関係なく、主人公の人があの人に似てるなあ、と思ったらやっぱりあの人だったのですけど。
役によってあんなに印象が変わるんですね。
でも溢れ出る良い人感は隠せないという気もしましたけど。

コメントする