MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

ナンデスノさんの連邦サバイバル日誌 #32

書いても書いても終わらないの。日誌は毎日書くものだから。

たまに面倒になるけど、今日の連邦日誌よ。

まずはダイアモンドシティでのアレコレ。
グロッグナックのコスチュームを着て、パシャ!
200521_01.jpg
女性が着ると女性用になる不思議仕様ね。
ブフフフ...ッ!

そういえば、歩いていると話しかけられたような気がしたの。
でも、迂闊に返事なんてしない方がイイっていうのが連邦。
200521_02.jpg
この人と話すと後でトリガーマンっていうギャングが定期的に襲ってくるようになる、って思い出したの。
だから、カリスマアップアイテムを身につけて説得してみたら、なんとなく上手くいったようね。
危ないところだったわ。

ダイアモンドシティの闇の部分がちょっと見えるクエストも。
200521_03.jpg
詳しく説明しない方がイイかしらね。
後ろの血みどろのテーブルとかから想像してね。

あまり儲かっているとは思えないタカハシなんだけど、また値下げよ。
200521_04.jpg
最初は50キャップぐらいだったと思うんだけど。
それでも適正価格か?っていうと、食べ物は高い連邦なのよね。

文明は崩壊したも同然だから空は綺麗よ。
200521_05.jpg
これって皮肉なことなんだけど。綺麗ならそれで良いわよね。

お宝を見付けるクエストも。
200521_06.jpg
そういえばこれも、さっきの血みどろのもニックの探偵事務所のクエストだったわね。
シルバー・シュラウド帽子をかぶってるのは、ちょっとだけ探偵風にしようって、ことだったんだけど。
持てる荷物がギリギリだと、こういう時に衣装替えが出来なくてザンネンね。

ナットの謎の行動を追跡もしたわ。
これは探偵とは関係ないんだけど。ナットってたまに走ってダイアモンドシティから出て行くことがあるの。
200521_07.jpg
それを追いかけていったんだけど。途中で戦闘が起きていてその先に進めなくなったのか、またダイアモンドシティに戻ってきていたわ。本当はどこに行きたかったのか、気になるわよね。

あと、初めてベルチバードでファストトラベルをしてみたの。
ファストトラベルっていっても、ちゃんと最初から最後まで飛んで移動するってことで、景色を楽しむことも出来たの。
200521_08.jpg


ここからはキュリーに関するクエスト。
とうとうキュリーの願いが叶って人間の体を手に入れることになったの。
ロボット形態最後の記念に、パシャ!
200521_09.jpg
あら、あなたって。
キュリーのための体を世話してくれたのね。
200521_10.jpg
前回の謎が解けたってことでもあるけど、出てくるのが早すぎたんじゃないかしら?って気もするわ。
ブフフフ...ッ!

けっこうあっけなく作業完了で、パシャ!
200521_11.jpg
人間化キュリー、私とは気が合うみたいね。
200521_12.jpg

そういえば、ロボットの時に大量の荷物を預けてたんだけど、使えるものがあるか確認、って思ったらこんな事に!
200521_13.jpg
もしかして、荷物は前のロボットの体の中に入ったままなの?
ロボットの時にもけっこう長い時間一緒に旅をしてたし、レジェンダリアイテムなんかも預けてた気もするんだけど。
またメモリー・デンに行くことがあったら確かめてみるわね。

以上が今回の日誌。
次回は人間の体を手に入れたキュリーちゃんとの旅の続きかしらね。

それじゃ、またね。

コメントする