MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Information

お知らせ!

RestHouseの記事も公開できたし、サーバメンテナンス終了という事にしておきます。

出来たのか

Latest LMB , 日誌 Vol.15

これが出来たら100万円、じゃなくて。
これが投稿できたらメンテナンス終了?!

ということで、久々の深夜作業でサーバメンテナンスとかしたのですが。
プログラムの実行に時間がかかったものの、それ以外では小問題しか起こらずに、ちょっと拍子抜けではあったのです。

LMBでメンテナンスといえば、大抵の場合は何かを最新版にアップデートすることなのですけど。
これは問題の起きがちな作業でもあるのですが、今回は逆に上手く行ったりして。

おかげで、これまで上手く動かなかったので、やむなくPerlの古いバージョンで動かしていたこのRestHouseのソフトも、最新で安全なバージョンのPerlで動いていますし。

といっても、喜ぶのはこの投稿が問題なく公開された時なので、まだ油断は出来ないですけど。

では、これから「公開」ボタンを押すのです。

ナンデスノさんの連邦サバイバル日誌 #223

日誌 Vol.15

全国ツアー開催?
ナンデスノさんの連邦日誌よ。

時々起こることなんだけど、拠点への襲撃がずっと続くことがあるのよね。
前にファー・ハーバーに行く前にスロッグ、ジモンヤ前哨基地で襲撃で、やっとファー・ハーバーに行ったと思ったら、今度はスターライト・ドライブインで襲撃があって慌てて帰った、ってところまで書いたんだけど。

そのあとでさらにワーウィック農園で襲撃。北から一気に南。そのあとでワーウィック農園の隣のスペクタクル・アイランドの整備をしていたら、今度はファー・ハーバーのダルトン・ファームで襲撃で最北端まで移動。

ウンザリって感じで天気の悪い中、ファー・ハーバーへ向かうナンデスノさん。
210927_01.jpg
しかも睡眠不足のペナルティーでAPかなり赤くなってるの。

続きを読む: ナンデスノさんの連邦サバイバル日誌 #223

不定期!ナントカ応援団 2021・16回目

ザクレロ団長

210412_03.jpg
レッシィ団員-----不定期ナントカ応援団〜ん!最近のベイスターズを振り返っていきましょう。
210412_02.jpg
コルタナ団員-----日程の関係で前回からだいぶ経ったけど、11試合で4勝7敗。6連敗中よ。
210412_01.jpg
キュベレイ団員-----一体何が起きたのか、急に勝てなくなったな。
コルタナ団員-----うーん...。全体的には得点が減った印象ね。
レッシィ団員-----もう少しのところまで行くんですけどね。
キュベレイ団員-----もっと気合いを入れて応援しないといけないな。だが昨日は沢山点が入っていたし、攻撃はまた良くなるんじゃないか。
コルタナ団員-----そうね。昨日はちょっと連敗中の流れの悪さが出たわね。
キュベレイ団員-----しかし勝たないことには連敗は止まらないから、そんなことをは気にせずにいくぞ。
レッシィ団員-----そうそう。次は東投手の復活登板もありますし、気分を入れ替えて負けた分を取り返しましょう。
キュベレイ団員-----一週間で取り返す!
コルタナ団員-----その意気で盛り上がっていきましょう。


ということで最近のベイスターズでございますが。
調子が良いと思ったらまさかの連敗中ということで、苦しい状態ではあります。

色々と悪いところが出ている感じなのですけど。
調子良く来てたところで、同じく好調のスワローズと対戦して力負けしたというような状況になって、その辺からおかしくなってきたようにも思えます。

苦しい時でも、それを乗り越えれば力になるって気もしますし、ここで頑張って欲しいですね。

明日は復活の東投手が予告先発ですし、ここで勝って盛り上がっていきたいところです。

脱力系SF

日誌 Vol.15

日曜の夜は1時間ぐらいの何かを見る時間になっていたのですが、ネタ切れなので、アマゾンのアレことプライム・ビデオで「月のキャットウーマン」を見てしまったのです。

時間は1時間10分程度なので丁度良い、というのはどうでもイイのですけど。
この映画は良く出来ているのかいないのか、良く解らない感じで。

ちょっと前にみた白黒のSF「イカリエ-XB1」よりも10年近く前ということもあるので、比べてはいけないかも知れないですが。
色々と自由な感じでした。
宇宙なのに宇宙っぽくないというか。
無重力な感じというのは、この時代の宇宙っぽい映画にはまだなかったのでしょうか。

あとストーリー的にも、コメディじゃないのに一カ所爆笑してしまったシーンもあったりして。
こういうのも昔の映画の良さに違いないです。

そして、音楽がエルマー・バーンスタインというのもスゴいですけど。

肩のこらない感じが日曜の夜にちょうど良いという感じでした。

BBRニュース:21/09/26

日誌 Vol.15

こちらキャロットちゃぁぁぁあああーーーん!!!キャッホーーーーー!!!!!

涼しいと嬉しいブラックホール・ベランダから最新情報をお届けするよ!

まずは花の情報から。
インパチさんことインパチェンスが寂しく開花!
210926_01.jpg
枯れずに残ったというよりは、あとから生えてきたって感じだわね。

続きを読む: BBRニュース:21/09/26

テンションを見る

日誌 Vol.15

ということで、アマゾンのアレことプライム・ビデオで「春秋一刀流」を見たのです。

昔の時代劇マイブームということで、1939年の映画ですが。
VHSからキャプチャーしたみたいなノイズが常に入っていたり、台詞も聞き取りづらい感じもありましたが。
盛り上がるシーンのテンションの高さがスゴかったりして。

これまで見てきた昔の時代劇とはちょっと違って、痛快さよりも、ちょっと悲壮感があったりする内容でしたけど。
テンションの上がるところで色々と吹き飛んだ感じもしました。

こういうのはストーリーの基本的なところは単純なのが良いのかも知れません。

それから、主人公の書いている日記が所々に出てきて、それを読ませることによって話を説明するみたいな演出があるのですが。
それが結末の直前にも出てきて、そこでいきなり終わってしまう感じのシーンは、日記の文字が達筆で読めなくて、最後はどうなったのか良く解らないという、今と昔のギャップとかも。

<!-- というか、当時の人はみんなアレがちゃんと読めてたのですかね。-->

<!-- 多分、一時停止して読めばなんとか読めそうなので、あとで確認してもイイですけど。-->

それとは関係なく、この映画ぐらい昔のものだと、今回みたいな画質のものが多かったりしますけど、フィルムが残ってなかったりするのですかね。
もっと綺麗に見られたらもっと面白いと思う映画は沢山あるので、ちょっと気になりますが。
AIみたいなので勝手に綺麗な画質にしてくれる、というのがもっと手軽になったら嬉しい感じかも知れません。

ナンデスノさんの連邦サバイバル日誌 #222

日誌 Vol.15

222回目記念で二回分のスクショが貯まってるの。
ブフフフ...ッ!

ナンデスノさんの連邦日誌の時間よ。

もう新しいことは特にないはずだと思っても、スクショしたくなることが起こるのが連邦よね。

今回は予定どおりファー・ハーバーへ向かうところからなんだけど。
その途中に気になることがあったの。
これは前にノードハーゲン・ビーチにいたナヴァトロンなんだけど。
時間が経っても消えてないのよね。
210925_01.jpg
ノードハーゲン・ビーチにいた時にもバグっぽいことの原因になってたかも知れないし、変な事が起きなければ良いと思っているの。

続きを読む: ナンデスノさんの連邦サバイバル日誌 #222

か、か、か、かいい

日誌 Vol.15

朝から謎のアレルギー、略してナゾルギーが発生して、体のあちこちがカユくなったり治まったり。

でも掻いたら酷くなるのでなるべく我慢なのです。

こういう時って集中していると気にならなかったりす時もあるのですが。
一番酷かった午前中にギターの練習をしている時にはかなり治まったのですけど。
さっきコンピュータ関係のややこしいマニュアルを読もうとしたらカユくなったりして。

ナゾルギーなので、この辺も謎なのですね。
(違うと思う。)

一味違う特撮

日誌 Vol.15

ということで、アマゾンのアレことプライム・ビデオで「イカリエ-XB1」を見たのです。

サムネ的なものを見て最近の映画だと思ってしまったのですが、1963年でした。
というか、これは修復されたデジタルリマスターみたいなやつで、それが良く出来ているので、最近の映画の画質に思えたに違いないですが。

そうやって手間をかけて修復されるだけあって、ミョーにカッコイイ感じもありました。
映画の「2001年宇宙の旅」みたいな、そんな雰囲気もあったりしましたけど。

特撮とか、SF的な宇宙船内のセットとか、ロボットボイスのロボットや、コンピューターボイスのコンピューターとか、喜んでしまうような要素も沢山あるのですが、あくまでも主役は特撮じゃなくて人間というところがヨーロピアンって気もしました。

というか、ヨーロピアンってなんだ?って事でもありますが。

でも、デザインとかそういうところも、これまで見てきた昔のSFとはちょっと違ってて面白かったりしましたし。
ヨーロッパといってもチェコスロバキアってことで、ちょっと違った文化を映画を通して感じられるとか、そんな事でもあります。

また忘れて思い出す

創作日誌 Vol.3

もうすぐ10月だし、アレコレしないといけないから、その前準備的にLittle Mustapha's Black-holeのトップページ用のJavaScriptを書いて便利にしようと思っているのです。

というか、今までが不便過ぎる気もするのですけど。
今使っているこのパソコンがオフになっている時には、RestHouseの最新記事一覧の部分が更新されない仕組みになっていたのです。

どうにかならないか?と思っていたら、RestHouseを更新する度に最新記事一覧をJSON形式で書き出せることが解って、それなら最近覚えたやつでなんとかなる!という事なのですが。

JavaScriptでJSONを読み込んだりする時の非同期処理というのは、何度かやっているのにやる度にゼロからやり直しな感じです。

これまではサンプルを書き写したようなもので、とりあえず上手く行ってたからそのままという感じでしたけど。
今回は、以前に書いたスクリプトなどを復習しながら調べていったら、やっていることが理解出来たような。

どうせ次に同じようなことをやる時にはまた忘れているに違いないのですが。
<!-- あるいはもっと別のやり方が主流になっている、というJavaScriptで良くあるやつかも知れませんし。-->

ついでに書くと、これが上手く行くとRestHouseのメインのページ以外でカテゴリごとの記事数とかが適当になってる問題も解決するかも知れないですね。
ただし要JavaScriptになりますけど。