MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

TecnoLogia Vol.5

コレか次か、あるいは

もし買うならコレだな、というのを決めてからどんどん新しいのが出てくるのですが。

[ Suica対応スマートウォッチ 「ForeAthlete 745」10月1日発売、ガーミンから - Engadget 日本版 ]

けっこう気になるシリーズのForeAthleteの新しいのがSuica対応ということで、もし買うなら、これかな?ってなってきました。

もっと機能を削って安くしても良いんじゃないか?ということですが。
そうなるとどれを削るのか?ということになって、Suicaが使えないと私としては困るので、コレぐらいでいいのでしょうか。

ただ、Suicaで電車に乗るときには、多くの人が改札でタッチする場所がつけてる腕を反対側になる問題もあるんですけど。
それでも、小銭を忘れてもジョギング中などにピンチになった時に飲み物が買えるのが嬉しいことです。

<!-- といっても、最近ジョギング中に飲み物を買うのは真夏のほんとに危険だと思った時だけということで、今年はまだ二回だけですが。その二回だとしても、お金を持ってくるのを忘れてたらヤバいですし、Suicaは付いてたほうが良いですよね。使える場所が近くにないと困りますけどね。-->

<!-- それとは関係なく、Halo好きが喜びそうなフォアランナーというシリーズもあったんですが、それはもう終了したんですかね。-->

未来のクルマとは

[ CNN.co.jp : 「空飛ぶクルマ」の試験飛行に成功 スカイドライブ ]

これはヘリコプターなので車ではない、ということなのですが。
というか、飛んだらそれは車ではないのですが。

飛べば未来か?というとそうでもなくて、理想的な未来のクルマは浮かんで走る車なのです。
といっても浮かんでいたらそれは飛んでいるようなものなのですが。

でも車体の下から何かを噴射みたいにして、ちょっとだけ浮いているという感じなら、浮いているということになって、飛んでいるとはならないと思いますし。

それよりも、この空飛ぶクルマの記事に出てくるクルマをクルマと言わせたい場合にはどうすれば良いのか?という感じですが。

これは飛んでしまうので、そこをカバーするには普段は車輪を使って走っていて、緊急事態になると、車輪が格納されてプロペラが出てきて飛行モードになって飛んでいくとか。
そうなれば未来のクルマっぽいですかね。

とはいっても、未来といえば透明のチューブ状の道ってことでもあるので、そういう道を走っている場合は飛ぶことができない、というのもありますけど。

<!-- というか、普通自動車免許で運転(操縦?)できるのなら、クルマと呼べるかも知れませんが。-->

唯一無二っぽさ

なんかLittle Mustapha's Black-holeを更新しているのにRSSで通知されないとか思って、色々調べてたのですが。

ちゃんと仕様どおりのRSSになっているか調べるサイトで調べても、ちゃんとしているという判定で何がいけないのか?ということになってたり。

スクリプトで書き出すので、書き間違いというのは考えられないのですが、RSSのファイルを開いて眺めていたら、なんとなく違和感が。

各記事に付ける"guid"という項目があるのですが、これが唯一無二のものでないといけないはずなのに、そう見えないのはなぜか?

その"guid"の部分は新しい記事から順に「ある文字列+数字」を1から付けていく事になってたのです。

そうすれば、ファイル内では"guid"が他とかぶることはないのですが、RSSリーダ内ではそうはならないのです。
RSSリーダ的には、最初の記事が常に「ある文字列+1」が"guid"なので、RSSリーダの仕様によっては中身は変わっても同じ記事という事になって、更新の通知がされないに違いない、ということなのですが。

LMBのRSSを購読してる人がいるか知らないですが、その部分はちゃんと直したので、ちゃんとお知らせされてなかった場合は、次からはちゃんとお知らせされるでしょう。

<!-- これって良く考えたら,スゴい長いこと間違えたままだったのですが、あまりLittle Mustapha's Black-holeのトップの方は更新されないので、定期的に更新されている最近になってやっと気付いたとか。ブヒュヒュヒュヒュ...。-->

得意だったはず

[ Googleが古代エジプトの象形文字を翻訳するツール「FABRICIUS」を発表 | ギズモード・ジャパン ]

絵文字というより漢字に近いんだよね。

というイヤな感じの人でもありますが。
昔TombRaider(旧シリーズ)にはまって、さらにハムナプトラが面白かった影響でヒエログリフ入門とか買って勉強してた事があったりするのです。

内容はすっかり忘れましたが、アレから新しい発見とかあってより正確に翻訳できたりするのですかね。
今風にAIを使ってたりしてるので、色々とはかどってそうですけど。

ヒエログリフはロゼッタ・ストーンのおかげで色々と解っているのですが、その他の古代文明の象形文字はほとんど解読できてないという話もあったりして。
そういうのは今のAIだとどうなのか?という気もしますが。


それとは関係なく、以前は今ほどネットの情報とか娯楽がなかったので、時々こういう変な趣味を見付けて没頭してたりしたのですが、今は誘惑が多すぎて一つのことをジックリやることが少なくなってしまってる、とか思いました。
でも、これはリンク先の記事とは関係ないのでどうでもイイですけど。

クラマヴ

OSをMojaveにアップグレードしてからsshでサーバに接続する時にパスフレーズを聞かれて面倒だ、というのを書いたと思いますが。

色々とやっても解決しないので、Platypusで"ssh-add -K"を実行するアプリを作って、ログイン項目に登録するというビミョーな技を使っています。
<!-- 普通はAppleScriptかと思いますが、Platypusがあるならそっちの方が簡単で良いのです。-->

といっても、使い始めたのが今日からなので、まだ完全に成功してるのかも解ってないのですが。
<!-- ターミナルでのsshは大丈夫だけど、自動的スクリプトでのsshで上手くいくか?というところとか。-->


そして、地味なところではClamAVのウイルス定義の更新が上手くいってないっぽいのにやっと気付いたり。

エラーとしてはパーミッション的な事みたいなのですが、実際にはどこに問題があるのか解らない状態だったりして。
こういう時には一度アンインストールしてからインストールし直せばなんとかなるんじゃないか?という安易な考えで今再インストールしたところですけど。

そして、試したらやっぱり上手くいかなかった...。


こういうことがあるからOSのアップグレードはしたくないんですよ。
ブヒヒヒ...!


<!-- 追記:やっぱりパーミッションが変になってたようです。直したら上手く出来た。-->
<!-- 詳しく書くと、"/var/log/freshclam.log"のパーミッションが変になってたのでユーザー、グループを"_clamav"に直しました。-->

デュアルンデュアルン

そういえば、Macのミニな端子用のDisplay Portのケーブルを買ったので、デュアルディスプレイが復活したのですが。

これまで19インチを縦にして使っていたサブモニタが23.8インチになったので、威圧感がさらに増しています。

というか、下の1/3ぐらいはあんまり視界に入ってこない感じで、大きさが無駄になってるのですけど。

でも丁度良い大きさのが売ってないので仕方ないのです。

それはともかく、前の19インチはかなり古いので、重さも結構スゴくて、モニタアームで支えきれなくて、机に乗った状態使ってたのですが。今時は23.8インチでも問題なくモニタアームで使えています。

そんな感じで、モニタアームで結構配置が自由に出来そうでもあるので、威圧感の少ない配置を探すのもありかも知れません。

まだ一週間

OSのアップグレードしてからまだ一週間しか経ってないのが意外だったりするのですが。

それはともかく、表面上はちゃんと動いて問題ないですし、ちょっとだけ便利になってる部分もあって良いですね。

<!-- Mojaveの目玉機能みたいなのは、私にとってはどうでもイイかも知れないものなので、あまり良さに気付いてないとかですが。-->

でも、sshでサーバにログインしようとする度にパスフレーズを聞かれる問題が発生しているのです。

ターミナルで作業する時にはちょっと面倒なだけで、それほど問題ではないですが、ほぼ自動的スクリプトではパスフレーズを自動的に入力することが出来ないので問題なのです。

なので最近はLittle Mustapha's Black-holeのトップページの情報がちょっと古いままになってたりすることが多かったり。

解決方法はあるっぽいですが、一度パスフレーズを入力するとログアウトするまではパスフレーズを聞かれないので、確認が面倒なのです。

いちいちログアウトとか再起動して上手くいかなかったりした時にはイライラしてきそうですし。

なので、対策をしたら次の日まで結果がわからないというやり方でやっていたりして。
それで、今のところまだ上手く行ってないのですが、さっきまた気付いた事をやったので、明日上手くいってれば良いなあ、と思っているのです。

Mac New Vegas

mb_200706_01.jpg
モハビは問題だ...。

ということで、色々とあると思いますが、まずスクリーンショットを知らずにスマホで画面を撮影した人ではないです。
こういう写真の方が今やってる感が出ると思って、こうなっているのです。

そして、OSのアップグレードなのですが、なぜか最新版じゃなくてMojaveだったりして。

どうも最近は最新版を信用してない私でもあるのですが。

その他にももしかすると使えなくなるソフトがあるかも知れない、とかもあってこうなったのです。

とりあえず、これでEl Capitanのサポートを終了するFirefoxは問題なく最新版が使えますし。
後はブラウザでしか使えなかったOneDriveもアプリケーションの方が使えるようになるはず。(というか、そっちでも使いづらかったらアレですけどね。)

アップデートで激遅になる心配もあったのですが、その辺は問題なさそうです。(このパソコンはMac mini Late 2014らしい。)

そして、最新版にしなかったのでXcodeのインストールとか面倒なことになっているとかも。

限界

ということで、結局新しいテレビリモコンを買うことになったのです。
mb_200705_01.jpg
これまでも良く使えてた、という状態だったのですが。
テレビはあんまり見ないので、とりあえず電源だけなんとかなれば良かったのですが。

最近はどこを押しても入力切替になったりとかで、オンオフもまともに出来なかったので仕方ありません。

ラズパイで学習リモコンを作る予定もあったのですが、どこを押しても入力切替だと学習のしようもないですけど。

とりあえず、新しいのが壊れないうちに学習リモコンを作って学習させておきたいです。
<!-- というか、この部屋のリモコンは壊れがちなので、リモコンの付いている機械を買ったら、使うかどうかに関わらず、なんでも学習させておけば買い換える必要がなくなるとか。(ラズパイとかならファイルで保存できますし。)-->

バレたか...

なんつって。

[ ビットコインでおよそ1000億円が動く。一体だれが? | ギズモード・ジャパン ]

ということですが、以前一瞬盛り上がったビットコインはペイペイのせいで忘れ去られた、と見せかけて使っている人は使っている。

それはどうでもイイですが、スパムメールであなたの恥ずかしい動画を保存したのでお金を払いなさい、とかいうのも支払いはビットコインで、ってなってますし。イメージの良くないビットコインなのですが、この1000億円も悪いことに使うお金なのか?とか思ってしまいますけど。

実際に、どういう人がビットコインを使ってるのか良く解らないですし。

もしかすると、地獄の軍団が転売かも知れないですが。これはBlack-holicネタなので、ここに書いても解る人がいるか知りません。

<!-- なんかペイペイとか自分で書いておいて、自分でツボにハマってしまったので、書いていることの意味が解らなくなってますがスイマセン。(というか、ちゃんとしたことを書く予定はなかったので、どっちにしろ意味が解らなかったはずですが。)-->

パ、パ、パ、パ、パール♪

PerlのPerl♪

[ 「Perl 7」が発表 ~来年にも四半世紀ぶりのメジャーバージョンアップへ - 窓の杜 ]

ということで、これはけっこうニュースだと思うのですが、Perl7が登場するみたいです。

Perl6があったけど、これまでと別物という感じであんまり使う人がいないとかもあって、これからPerlはどうなるのか?という気もしてましたが、7で元に戻ったようなことになったので、まだ大丈夫ということでしょうか。

始めた頃からずっと5だったので、7だと急に進んだ感じになりますが。

多分私としてはやることがコレまでと変わることもないと思いますし、気分的にちょっと違うくらいかも知れませんけど。
バージョンアップは嬉しいからそれでも良いのです。

あと少し

[ 本当の本当にサヨウナラ。Flashが年内いっぱいで本当の本当に終了へ | ギズモード・ジャパン ]

これでついにLiveMotionの時代が来るのか。
というネタですが、本来なら色々と思い出したりしそうな記事なのですが、意外とそうでもないのはFlashではなくてLiveMotionを使っていたから、というのはネタではないかも知れないとか。

Flashを作るソフトはFlashを使うべきだったのですが、高くて買えないということでLiveMotionを使ってたりして。
でもOSのアップデートとかで使えなくなった時にちょうどFlashがAdobeのものになって、それでAdobeからの最初のFlashを使ったら、ビミョーに使いづらくてアレだったりで。

でも、LiveMotionでは半分以下しか公開されなかったゲーム「Mysled」を作って、ビミョーなFlashではトップページの「何時だか解らないFlash時計」シリーズが作られたり。問題作だらけなのです。
Flashが完全になくなったら、そういう問題作が見られなくなるのでザンネンではありますよね。

<!-- そういえば、 MYSLED の「サイドストーリー」から密かにリンクされているFlashコンピューターを開いたらまだ動いて面白かったですが。気になる方はあと少ししか時間がないので早めに探してみましょう。-->

スゴいやつ

[ Jazに対抗した低価格リムーバブルHDD「ORB」:スイートメモリーズ File013 - Engadget 日本版 ]

これは持ってたやつだ、というかまだ押し入れの中にあると思われますが。

当時はこの値段でこの容量!とかで盛り上がって買ったのです。
主にデジタルMTRのバックアップというか、録音用に使ってたはずです。
ハードディスクと変わらない速度なので、直接録音できたような気が。(けっこう最近のことだと思っていたのですが、昔すぎて良く覚えてないですね。)

しかし、スゴい大容量だと思ってたのに、2.2GBだったんですね。
今のmicroSDカードとか、この頃からするとどう考えてもエイリアンの技術です。

というか、これから先も今のものが古く思えるぐらい進化が続くのですかね。
そんな大容量に何を保存するのか?って感じもするのですが、出来るのなら用途が生まれるってことなのか、どうなのか。

懐かしいものが出てくると色々と楽しいですね。