MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

Latest LMB

Technólogia Vol. 1 - Pt. 49

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「この子は中野花屋(ナカノカヤ)っていってね」
「あなた方がその知識の象徴を身につけていなかったら、もしかすると私達はあの時にあなた達を逮捕していたかも知れない」
「マモル君。奥さんのこと裏切ったら、私が承知しないからね」
「ボクもなの?」
「感謝していますよ。ただ、一つ問題があるのですが。あなた方の存在をどうやって消すか、ということです」
「でも、あれから何の連絡もないんですよ。次の議会までもう時間がないのに...」
「どうか、命だけはお助けください...」
「(どうも昨日から花屋の様子がヘンだよな)」
「そういう事じゃないんです」
「でも、今度からはちゃんと気付いてくれないと、本当に怒りますからね」
「なんか変じゃない?」
「なんか、避けられてるような感じっすよね」
男二人、女一人の見知らぬ三人組に要注意。彼らは連続殺人鬼の可能性があります。
「これって、まさか私達のこと?」


また週刊化!「Technólogia」更新!

偽名

なんというか、小見出しの付け方の傾向が変わってきた気がするのですが、まあ良いか。(もともとは番号のみだったし。)

<!-- 気付けば次で50回目ですけど。まだついてきている人はいますか?-->

HNUD::1491610667

hato.gifやあ、今週もハトさんだぜ。

とにかく今週も予言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると『「ふで」』ってことか?『「ねい」』かも知れないけどな。

「秘密文書」はバー抜きのバーベキューの話だな。


そんなことより、知ってるか?

YouTube が1万再生以上ないチャンネルには広告掲載させないってよ。

[ YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告を非表示に、広告収入目的の違法アップロードを受けて -INTERNET Watch ]

ハトがハトの食事代を稼ぐための道はさらに険しくなったってことだな。

1万まで残り約1万だしな。

ルールを守らないやつのためにこんな下らないルールが出来るとはな。というよりも、例の優秀な人工知能で問題のある動画を識別すれば良いんじゃないか?

まあ、もうけに繋がらないところでは頑張らないってことか?

とにかく、ハトの食事代をなんとかするために、愛の手が欲しいところだな。

それじゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 48

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「この子は中野花屋(ナカノカヤ)っていってね」
「私はフォウチュン・バァじゃ」
「珍しいっすね。そんなの着けるなんて」
「あなた方がその知識の象徴を身につけていなかったら、もしかすると私達はあの時にあなた達を逮捕していたかも知れない」
「これが知識の象徴なんですか?...なんていうか、これはフォウチュン・バァの占いグッズだと思ってましたが」
「まあ、次の休憩所までならダイジョブっすよ。さっきの人からコレもらったんすけど。平山さんが明日までの灰の情報を調べておいてくれたんすよ」
「マモル君。奥さんのこと裏切ったら、私が承知しないからね」
「ボクもなの?」
「感謝していますよ。ただ、一つ問題があるのですが。あなた方の存在をどうやって消すか、ということです」
「でも、あれから何の連絡もないんですよ。次の議会までもう時間がないのに...」
「どうか、命だけはお助けください...」


一回休んで隔週刊「Technólogia」更新!

雨の朝」なので恐らく雨が降っている。それ以外も降っている。

そして、例によってギリギリなのでした。

HNUD::1491010033

hato.gifこんにちは。お元気ですか?ハトです。

では予言です。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると、ハトが世界を支配します。

「秘密文書」はウソがいっぱい書いてあります。

おかしいですね。

4月になりましたが、まだ寒い日があります。風邪などひかないように気をつけてくださいね。

さようなら。

HNUD::1490405277

hato.gif今週もハトの時間だぜ。

最近ハトは「ハトち」と呼ばれることがあるんだが、みんなもそう呼びたかったら呼んでも良いぜ。ちょっとカワイイよな。「ハトち」ってのは。

それじゃあ、予言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole


「秘密の予言」によると『「ちゃろぴゅっ」は最高の深海の前衛的なXbox365(間違っている!)と9467のWiiを築いている』ってな。ちゃろぴゅっ、だが。それよりも、ちょっとゲーム機が古くさくなってきてる気もするな。

「秘密文書」はもしかすると LMB の話か?あるいは本物のブラックホールの話だな。


それから、今日は辛い成分としてハラペーニョじゃなくて七味唐辛子で鶏肉なんだな。これはこれで辛いだけじゃないし、色んな味がして面白いよな。

あと、また事故が起きたんだが。魚焼きグリルを使おうとした時に、30秒ぐらい火がついていないのに気付かないままだったんだ。慌てて火をつけ直したら「ボッ」ってなったぜ。

気をつけないとな。鶏肉と一緒にハトも丸焼きになっちまうよな。

それじゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 47

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「東京の提案を拒否して我々に街を明け渡すように、彼らを説得するのだ」
「まさか戦争でも始める気じゃないですか?」
「良かった。やはりあなたはテクノーロジアの知識をお持ちでしたね」
「(そうじゃねえんだ。オマエ達が東京に行ってやろうとしてる、あの計画のことだよ。オマエ達が東京に行くと都合が悪いヤツらがいるってことだ)」
「オレが街を乗っ取って市長になったらオマエを嫁さんにしてやるって言ってんだぜ。市長夫人になったら市長が毎日オッパイ触ってやるからな」
「お、尾山君の部屋に行かなくては」
それはスタンガンに違いなかった。
「霧山よ。みなに説明するのだ」
「あの...。すいません」
「蚊屋野君、危ない!」
この塔には包丁が多すぎるのではないか、と思ってしまう。
「おじさん...」
「かのもののお告げを伝える」
「私の兄は何者かに拉致されているのです」
「どんな手段を使っても良いから、少なくとも10日間はここから先に進ませないように、と指示がありました」
「そうでしたね。さあ、戦争の準備を始めましょう」
「一つの街を取り合えばそれは戦争ってことです」
「確かにそうだがな。オレだってバカじゃないんだ。オレが一人でこんなことをすると思うのか?」
街の刺股部隊と塔の住人の連合軍の圧勝ということになった。
「感謝していますよ。ただ、一つ問題があるのですが。あなた方の存在をどうやって消すか、ということです」
「そう言えば、河野君の叔父さんから聞いたんだけど、少なくとも10日間ボクらを塔に止めておけ、って指示だったらしいよ」
「堂中さん」
「(これはいい気味だな。あいつは最初から気に入らなかったんだ)」
「そういう武器に頼っても本当の意味で問題を解決できないって気がしますし」


週刊「Technólogia」更新!

やっとのことで「脱出(その他)」するときが来たのですが。

三月で東京に着く予定がまだここですが。そろそろ隔週刊に戻るのか。あるいはお休みを挟んで週刊のままか。そんな事を予告する必要はないが、考え中でもあります。


<!-- バリウム疲れで爆睡して、今日はさらにギリギリだったりします。-->

HNUD::1489798125

hato.gifよお、今週もハトだぜ。

なんか一週間アッと今だけどな。来週もアッという間だな。

それじゃあ、予言だぜ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると『火の玉がダイダクトのケッコウヤバい冥王星人だ』ぜ。これは気をつけないとな。

「秘密文書」は魔法少女のおっさん版を作ったら大失敗だった話だな。


それから、レンジでチンする鶏唐揚げレシピってのを見付けて試してみたんだが、なんか粉っぽいんだよな。ちょっと惜しい感じだな。

やっぱり簡単に作るには魚焼きグリルが最強だぜ。

それじゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 46

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「東京の提案を拒否して我々に街を明け渡すように、彼らを説得するのだ」
「まさか戦争でも始める気じゃないですか?」
「(そうじゃねえんだ。オマエ達が東京に行ってやろうとしてる、あの計画のことだよ。オマエ達が東京に行くと都合が悪いヤツらがいるってことだ)」
「キミ達は武器を持って強くなったつもりかも知れないけど、むこうにだって武器は沢山あったよ」
この世界の通信は20年前のスマートフォンのように使えるので、電波が届けば通信も可能なのだ。
「こういう場合ここにいるような旅人はどうするか知っているかな?」
「平山さん。大変な事になってるんです。早くみんなに知らせないと」
「でも機械に詳しい誰かが黒幕に協力しているとしたら。あるいは無理矢理協力させられているのかも知れないけど。あの河野って少年は?」
「オレが街を乗っ取って市長になったらオマエを嫁さんにしてやるって言ってんだぜ。市長夫人になったら市長が毎日オッパイ触ってやるからな」
「お、尾山君の部屋に行かなくては」
それはスタンガンに違いなかった。
「霧山よ。みなに説明するのだ」
「みんな、騙されちゃダメだ。この人はウソを言ってる」
「蚊屋野さん。その人は...。霧山さんは違います」
「(今オマエが捕まえた犯人だと思ってる人とは全く違う声だったぜ)」
「あの...。すいません」
「蚊屋野君、危ない!」
この塔には包丁が多すぎるのではないか、と思ってしまう。
「おじさん...」
「河野君。まだ全ての希望が失われたワケではないよ。気を落とさずに」
「かのもののお告げを伝える」
「どうか、命だけはお助けください...」
「私の兄は何者かに拉致されているのです」
「どんな手段を使っても良いから、少なくとも10日間はここから先に進ませないように、と指示がありました」
「そうでしたね。さあ、戦争の準備を始めましょう」

週刊「Technólogia」更新!

開戦のあとに「作戦」で大丈夫なのか。

なんとか週刊で頑張っているのです。

HNUD::1489193383

hato.gif今週もハトの時間だ!

なんか言おうとしてたんだが、忘れてるな。...まあ良いか。

それじゃあ、予言だぜ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」だが、一つ言っておくが『間抜けな「ひな」』ってのは昔のハトじゃないぜ。重要なのは『夢が「こらため」と4222の後期重爆撃期の1176の不細工な水星人と天ぷらだった』ってことだな。

「秘密文書」は地底版ラモーンズってとこだな。


それから、今日は昆布茶じゃなくてハラペーニョピクルスを刻んで、マヨネーズとポン酢で特製ソースを絡める鶏肉なんだよな。
一つ上手くいってもそればっかりじゃ飽きるから、そろそろ目先を変えないとな。

それじゃ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 45

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「東京の提案を拒否して我々に街を明け渡すように、彼らを説得するのだ」
「まさか戦争でも始める気じゃないですか?」
「(そうじゃねえんだ。オマエ達が東京に行ってやろうとしてる、あの計画のことだよ。オマエ達が東京に行くと都合が悪いヤツらがいるってことだ)」
「(だが残念な事に黒幕が誰なのか、声しか聞いてないから解らねえんだ)」
「かのものは鷹の姿を借りて夜現れる。かのものがそれを私に伝え、私が念力によってそれをスレートに書き残す」
この世界の通信は20年前のスマートフォンのように使えるので、電波が届けば通信も可能なのだ。
「こういう場合ここにいるような旅人はどうするか知っているかな?」
「スレートを見付けたの。調べてみて」
「チョロいもんだな」
「おい、ここ。入れるぞ」
「これはスイッチングハブというやつだよ」
「だけど、誰がこんなものを使うんだ?もしかして、河野のやつはこっそりモバイルを使ってるのか?」
「平山さん。大変な事になってるんです。早くみんなに知らせないと」
「ダメでしょ、こんな時間に。早く寝ないと」
「でも機械に詳しい誰かが黒幕に協力しているとしたら。あるいは無理矢理協力させられているのかも知れないけど。あの河野って少年は?」
「オレが街を乗っ取って市長になったらオマエを嫁さんにしてやるって言ってんだぜ。市長夫人になったら市長が毎日オッパイ触ってやるからな」
「バカ、誰か追いかけろ!」
「お、尾山君の部屋に行かなくては」
「それを着ていればここから出るのを誰かに見られても怪しまれないはずです」
「なに、これくらい大したことないさ」
それはスタンガンに違いなかった。
「これは予言者様から特別な通達があるという合図です。塔の中にいる者達は謁見の部屋に行かないといけないのです」
「霧山よ。みなに説明するのだ」
チャンスは今しかない。この場で黒幕の陰謀を暴くのだ。
「みんな、騙されちゃダメだ。この人はウソを言ってる」
「蚊屋野さん。その人は...。霧山さんは違います」
「(今オマエが捕まえた犯人だと思ってる人とは全く違う声だったぜ)」
「あの...。すいません」
「蚊屋野君、危ない!」

週刊「Technólogia」更新!

とうとう「開戦」ということなのか、どうなのか。

どうでもイイですが、ギリギリに仕上げるのに慣れてきて焦らなくなっているのは問題かも知れない。

HNUD::1488589957

hato.gifよお、ハトだぜ。

日付は変わったが雛祭りだったんだよな。

信じてもらえるか解らないが、ハトも昔は雛だったんだぜ。

それじゃ、予言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると『地球はナンデ君の星と不器用なXbox360とエジプトだった』ってことだぜ。どこがどこだか良く解らないな。

「秘密文書」は政府機関の陰謀を暴く話みたいだな。


それから、半年経ってもハラペーニョは辛いな。

じゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 44

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「東京の提案を拒否して我々に街を明け渡すように、彼らを説得するのだ」
「まさか戦争でも始める気じゃないですか?」
「(そうじゃねえんだ。オマエ達が東京に行ってやろうとしてる、あの計画のことだよ。オマエ達が東京に行くと都合が悪いヤツらがいるってことだ)」
「(だが残念な事に黒幕が誰なのか、声しか聞いてないから解らねえんだ)」
「かのものは鷹の姿を借りて夜現れる。かのものがそれを私に伝え、私が念力によってそれをスレートに書き残す」
この世界の通信は20年前のスマートフォンのように使えるので、電波が届けば通信も可能なのだ。
「私は霧山と言います」
霧山はそう言ってから腰の後ろに手を回すと、ナイフを取り出した。
「お前は優しい子だね。でも安心しなさい。私は大丈夫だ。だが恐ろしい事が起こる気がするのだ。あの旅の者達。あぁ、恐ろしい。なんて恐ろしい...」
天井から首を吊ってぶら下がっている人間が必ずしも死んでいるとは限らないのだ。
「見事ですね、尾山君」
「こういう場合ここにいるような旅人はどうするか知っているかな?」
「危ないっすよ...!」
「スレートを見付けたの。調べてみて」
「チョロいもんだな」
「おい、ここ。入れるぞ」
「あれ?!霧山さんは?」
「その子、部屋でコッソリ爆弾を作ったりする人じゃない?」
「これはスイッチングハブというやつだよ」
「だけど、誰がこんなものを使うんだ?もしかして、河野のやつはこっそりモバイルを使ってるのか?」
「平山さん。大変な事になってるんです。早くみんなに知らせないと」
「ダメでしょ、こんな時間に。早く寝ないと」
「ボクは大丈夫ですが。蚊屋野君がまだ戻らないっすけど」
「盛山さんが心配ですね。どこにいるのかしら」
「でも機械に詳しい誰かが黒幕に協力しているとしたら。あるいは無理矢理協力させられているのかも知れないけど。あの河野って少年は?」
「こういう時には良く知っている人間でもあまり信用しすぎない方がイイと思うよ」
「オレが街を乗っ取って市長になったらオマエを嫁さんにしてやるって言ってんだぜ。市長夫人になったら市長が毎日オッパイ触ってやるからな」
「オマエのこと、最初は変なヤツだと思ってたんだが、今は感謝してるんだ。ありがとうな」
「バカ、誰か追いかけろ!」

週刊「Technólogia」更新!

好機」が訪れたのかどうなのか。

今回もちょっと長い。

HNUD::1487984459

hato.gif今週のハトの時間だぜ。

実は LMB の暴露本を書こうと思ってたんだが、三日じゃ無理だって解ってやめる事にしたんだ。

もちろん冗談だぜ。どの部分が冗談か?ってのはナイショだけどな。

それじゃあ、予言だぜ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」は『驚愕が(小4)と1361のケミカル・ビーチの柔らかいヘンタイを野心的に仕込んでいました』ってことだが。気をつけろよな。

「秘密文書」は工学関係の話みたいだな。工学っていっても地上のとはちょっと違うけどな。


それから、焼いた鶏肉に昆布茶の粉をかける裏技なんだが。美味いけど全部同じ味になるっていう欠点もあるな。

他にも調味料を色々試してみないとな。

それじゃあ、またな。