MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

Latest LMB

HNUD::1503706661

hato.gifやあ、松た○子に似てるハトだぜ。

それじゃあ、今日も鶏肉を食べながら預言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」によると『「のみゅけめよし」と恐怖の深海』に気を付けないとな。

「秘密文書」は昆虫採集の話だな。


それから酢の入ったハラペーニョソースを塗って鶏を焼いたら、油と混ざってなぜかマヨネーズ風味なんだよな。

味は違うけどな。

それじゃあ、またな。

HNUD::1502497829

hato.gifやあ、みんな。夏休みとか関係ないハトだぜ。

それじゃあ早速、預言の時間だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」によると、ついに『1025の「ぐるりん」』が出ちゃったな。何が起きるかは解らないけどな。

「秘密文書」はユーフォヲの話だな。ユーフォーじゃない、ユーフォヲだぜ。


それから、ブラックホール湖では更なるミステリーみたいだぜ。

それじゃあ、またな。

HNUD::1501893919

hato.gifロックTシャツ少年のハトだぜ。

まあ、どうでも良いけどな。

それじゃあ預言の時間だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」によると『ほぼ自動的な「どへ」は超常的な「ほ」の薄いエイドリアンを無くなっている』ってことだな。気をつけないとな。

「秘密文書」は美味しいデザートの作り方だな。


それから、完全に油ナシで鶏肉を焼くと、ちょっと焦げるな。

それじゃあ、またな。

HNUD::1501289208

hato.gifよお!ジメッとしてるけどハトだぜ。

なんだか、最近はニュースとか見てるとツッコミきれないぐらいグダグダで疲れるよな。

それはともかく預言だぜ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」によると『土星が滅茶苦茶に入っている』ってことだから、あとで整理するのが大変だろうな。

「秘密文書」は盗賊がお宝を見付ける話だな。


それから今日は肉の日と見せかけて揚げ出し豆腐さ!

レンチンのな。

そして、なぜか甘辛ミソっぽい味なんだが。まあ美味いから良いよな。

それじゃあ、またな。

HNUD::1500684003

hato.gifよお!ハトのお時間だぜ。

とにもかくにも預言の時間だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」によると『ツルツルな4143のネコがガッカリな尻尾が迷路になっているイヌを暑く萌えている』ってな。これは良い事だよな。

「秘密文書」はソバを数える話だな。


それから、個人的な恨みを晴らすためにネットを使うべきじゃないよな。

ああいうのを見るとネットはもう末期だって感じだし、やめたくなってくるしな。

それじゃ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 63

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「キミの協力が必要なんだよ」
「一つ聞きますが、失敗すると死にますか?」
「うぁぁぁあああああ!!!」
「あれから20年が経っているんだよ」
「この子は中野花屋(ナカノカヤ)っていってね」
「キミはあれを人類にとっての新しい発見と捉えているんだね」
「東京に着いたら観測用の機械を受け取る。そうしたら特殊なスーツを着てスフィアに向かえば良いんだよ」
「あれは良い子だな。あんな子がオマエみたいなのを世話しないといけない、ってのは可哀想なことだぜ」
「蚊屋野さん、あれ見えます?」
「あれがスフィアです。いくつもあるうちの一つっすけど。」
これはまさしくスーパーヒーローだ。
「どうも最近流行ってるザ・バードってやつが元凶らしいんだな」
「(目覚めよ。目覚めるのじゃ、人間)」
「とにかく無事で良かったです。蚊屋野さんですね。私は中野賢人(ナカノケント)です」
「あっ、叔父さん!?」
「蚊屋野君。これまでずっと言えなかったんだけど、伝えたいことがあるの」
「ねえ、私のこと覚えてるよね...?こんなおばさんになっちゃったけど。私...」
「あなたがあの場所に来たら全て説明するはずだった...。あの子から何も聞いてないの?自分から話したいって言ってたのに」
「実はね。蚊屋野君って私のお父さんなの」
「私は会った時にすぐ解ったよ」
こうなったのは全てフードのせいだ。
「えー。だって...」
「蚊屋野君もザ・バードを作っていた世代の人なんすから。そういう人の意見は貴重っすよ」
「結局、役に立たなきゃ騒音でしかないからなあ」
「それだけの事といっても世界を変える重要な任務だよ」
「それなら問題はない。スーツを着ている限り大丈夫。苦しむこともなければ痛みも感じない」
「これ、あなたが戻ってきた時のためのずっととっておいたんだよ」


驚くなよ。
今回が最終回さ!「Technólogia」更新。

そこには何が待っているのか?「光の中へ」です。

最終回は拡大版で長さ 1.5倍!
なぜって、二回に分けたら最終回が長さ半分になっちゃうからね。

HNUD::1500078017

hato.gifベランダで岩盤浴。ハトだぜ。

今アマゾンのアレで「キャプテン」がやってるな。

それはともかく、今週も預言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の預言」は手羽中じゃない、ってことだな。

「秘密文書」は顕微鏡を覗いたらビックリした話じゃないか。


話は戻るが、実はハトも野球選手を目指してたことがあったんだよな。だけど、バットが持てないことに気付いて諦めたけどな。

それじゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 62

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「あれから20年が経っているんだよ」
「この子は中野花屋(ナカノカヤ)っていってね」
「先生が言ったとおり蚊屋野さんは現れました。それは予言ではなくて科学によって予測されたことです」
「キミはあれを人類にとっての新しい発見と捉えているんだね」
「東京に着いたら観測用の機械を受け取る。そうしたら特殊なスーツを着てスフィアに向かえば良いんだよ」
「あれは良い子だな。あんな子がオマエみたいなのを世話しないといけない、ってのは可哀想なことだぜ」
「どうも最近流行ってるザ・バードってやつが元凶らしいんだな」
「とにかく無事で良かったです。蚊屋野さんですね。私は中野賢人(ナカノケント)です」
「お化けネズミでもいるのか?」
「あっ、叔父さん!?」
「いたのがオレ達で良かったな。あんなにガタガタやってたんじゃ救出作戦失敗だぜ」
「蚊屋野君。これまでずっと言えなかったんだけど、伝えたいことがあるの」
「あ、あの。ちょっと急用を思い出した。話はまたあとでね」
「蚊屋野君」
この女は、あの女だ!
「ねえ、私のこと覚えてるよね...?こんなおばさんになっちゃったけど。私...」
「あんな酷いことをされて、忘れたくても忘れられないよ」
「それってつまり...どういうこと?」
「あなたがあの場所に来たら全て説明するはずだった...。あの子から何も聞いてないの?自分から話したい言ってたのに」
「実はね。蚊屋野君って私のお父さんなの」
「私は会った時にすぐ解ったよ」


週の刊!「Technólogia」更新。

それは夜ご飯でもある「晩餐」です。

お知らせ

夏だしそれっぽいものを書こうかな、とか思って人のいない街のネタを書いたのはもう一年前のことなのか?とか思ったのですが。

今週の「Technólogia」は色々な妨害工作により遅れたので、今夜ではなくて今日中の更新になるでしょう。

最終回目前で盛り上がってくるところなのに、私の頭がギリギリだったりするので台無しにならないようにするのです。

HNUD::1499475645

hato.gif今週もハトの時間だ。

偶然っていうのはなんか面白いよな。

それじゃ予言だぜ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると『ガンダムは悩んでいました』ってよ。パイロットじゃなくて本体の方だろうな。

「秘密文書」はなんだか起こってるヤツがいるな。


それから、LMB の肋骨はちょっとずつだが良くなってるらしいぜ。

それじゃあ、またな。

Technólogia Vol. 1 - Pt. 61

前回までの Technólogia は...

全てが謎である。いや、謎ではないのか...?
「この子は中野花屋(ナカノカヤ)っていってね」
「どうも最近流行ってるザ・バードってやつが元凶らしいんだな」
「アンタ、警察の人間なんだろ。もっと何かを知ってるんじゃないか?」
蚊屋野はちょっとだけ涙ぐんでいたりもしたのだが、その感動はなんだったのか?
「ああ。アレっすか。ここじゃスケートリンクなんて珍しいっすからね。映画なんかよりも人気があるんすよ」
「あっ。ハネエ...」
「それに、花屋。会いたかったよ」
「それって、科学者の息子がいうことなの?そんなことして恥ずかしくないの?」
「それに、そのメガネとか。こんなこと言っちゃ悪いけど、世界を救うような顔には見えないよね」
「すまないな。その人には逆らえないんだ...」
「イナバウワー!」
「想像力が乏しいんだな花屋は」
「だからキミ達には余計な事をして欲しくないんだよ」
「これはオレの我が儘で言ってるんじゃないよ。東京のみんな。いや、日本中のみんなが思ってることだよ。ザ・バードの教えでみんな目を覚ましたんだよ。大量の電力を消費しながら豊かに暮らすこと。キミ達はそういう夢を壊そうとしてるんだよ」
恐らくこれまでの経験がここで活きてくるのだ。経験は人を強くするし、賢くもするものだ。
「あの、誰かいますか?いるのなら聞いて欲しいことがあります。私は人間です」
「(じっとしてるぜ。じっとしてれば大丈夫なんだろ)」
「(目覚めよ。目覚めるのじゃ、人間)」
「ありがとうございます。出来る限りの事はやるつもりです」
「なんで開いてるんすか?」
「イナバウワーが起きたんだよ!」
「さっきはガッカリさせちまったかも知れないがな。だが今はもっと偉いヤツの命令でオマエ達を助けにきたんだ」
「とにかく無事で良かったです。蚊屋野さんですね。私は中野賢人(ナカノケント)です」
「お化けネズミでもいるのか?」
「あっ、叔父さん!?」
「いたのがオレ達で良かったな。あんなにガタガタやってたんじゃ救出作戦失敗だぜ」


ギリギリ週刊!「Technólogia」更新。

終わりも近づいて来た頃に「告白」です。

HNUD::1498869319

hato.gif行ったり来たり、ハトだぜ。

LMB が故障中だから代わりに運動してたんだが、笑われただけだったな。

それじゃあ、予言だ。

Silverバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
Goldバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

「秘密の予言」によると『ピンクの時間は清楚に掃いている』ってことだから大丈夫だな。

「秘密文書」はジャパン剃毛倶楽部の地底版みたいだな。


それから、やっぱり鶏肉は美味しいよな。まあ、ハトなんだけどな。

それじゃあ、またな。