MENU

RestHouse

音楽サイト「Little Mustapha's Black-hole」の音楽ブログということになっているはずです。

Latest LMB

Tuku Todhemle

 ミニ・ムスタファのコーナーですが、見切り発車しています。

 「Tuku Todhemle'd Tuku Tuku Fgezblagi」(地上の言葉では「Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole」)はLittle Mustapha's Black holeのSideShowにあります。

 伝統的にワケが解らない「SideShow」ですし、実験的なミニ・ムスタファのコーナーなのでかなり怪しいです。

 しかも見切り発車のため、私だけが解る矛盾も発見されてしまっていますが、実験的なので良いのです。

 最初のメニューがヘンなのは文字化けではありません。地底人語です。上から「秘密小説」「ブラックホール君」「ギャラリー」「秘密文書」そしてゴールドバージョン限定で「秘密の予言」となっています。

 ゴールドとシルバーのどっちを見るかはあなた次第ですが、その他が全部一緒という意味において普通はゴールドバージョン、でも選択はあなた次第です。

ゴールドバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole
シルバーバージョン:Mini Mustapha's Mini Mini Blackhole

 「秘密文書」には地底人語であなたの未来に起こることが全て書かれていくという噂です。しかし、更新の度に消えていく古い内容は私のパソコンにも残らないので気を付けましょう。

 「秘密の予言」はおそらく週に一回更新されます。先の一週間を予言しているということかも知れません。かなり的中率が高いのでFBLが捜査に利用しているというネタもあります。

 ということで、去年のクリスマスフィクションの中で決定されてしまったミニ・ムスタファのコーナーがやっと完成したのです。

<!-- 「秘密小説」の文が途中で切れているように思われるかも知れませんが、仕様なので気にしないでください。-->

予告編4

090710.jpg

 こういう表示を出すとちゃんとやっている感じがするんだなぁ!

 でもホントに「処理完了」かどうかは知らないんだなぁ!

 ということで、毎回同じようなものを作っているのに、微妙に仕組みが違っていて手こずる「ほぼ自動的にHTMLファイルを作成!」のほぼ自動的スクリプトがなんとなく出来上がってきたので、明日、明後日にはもしかするとミニ・ムスタファのコーナーが復活するでしょうが、ここでこんなに宣伝するほど面白いものではないでしょう。

 という予言はいくつめでしょうか?

予告編3

スケアリーは電話していました。

 「ほぼ自動的ポエム」は時々普通のことを書き出すのです。

 ということはどうでも良いのですが「謎のポエム(あるいは予言、あるいは偉大なる何かのホニャララ)」は定期的に更新されることになりそうなので、そういうことなら「ほぼ自動的」にHTMLファイルを書き出さないと途中で面倒になるに決まっている!ということなので「ほぼ自動的スクリプト」を書かなければいけなくなりました。

 なので、もう少しかかります。

 ちなみに、この謎めいた予言のような何かはGoldバージョン限定なので、もしかするとSilverバージョンのミニ・ムスタファのコーナーはつまらないものになりそうです。

 それから、ミニ・ムスタファのコーナーは密かに更新されるので要注意です。(面白いものがほぼ自動的に出来てしまった時にはここに書くかもしれませんが。)

 という予言でした。

予告編2

9717時間後、ブラックホールが鋼鉄のLittle Mustaphaを検索しているでしょうが、1618秒前、非力な宇宙がキックしていました。

 ということで、最近はミニ・ムスタファのコーナー復活のために頑張っているのですが、あと何をやればいいのか解らなくなってきました。

 ホントはFlashで色々とゴチャゴチャさせようかと思っていたのですが、面倒ですし、私のFlashは古いFlashになってしまいましたし、最近このパソコンはFlashの重たいのを表示させるとカクカクになるのでFlashなんて嫌いだ!というテンションなので、結局は文字中心になると思うのですが。

 とにかく、もうすぐ完成するのですが、ホントかどうか解らないという予言でした。

予告編

 なんか、最近は再開されることになっていたのに半年近く手つかずのミニ・ムスタファのコーナーをやっているので疲れるんだなぁ!

 ということで、ミニ・ムスタファのコーナーには「VEGGIWR」(地上の言葉だとGallery)が出来るという設定になってしまったので、とりあえず二つ以上なら沢山という設定で三つ描きました。

 問題は、今後三つから増えるのか?というところですが、Little Mustapha's Black holeにGalleryというコーナーがあった時のことを考えると増えないような気もします。

 というか、描いたといっても「絵っていつ終わりにしたらいいのですか?」という感じなので、描いたと言えば描いた、ですがまだ描こうと思えばいくらでも描き込めるのですが。とりあえず背中が痛いし、そろそろ終わりで良いと思っております。

 それよりも、GIMPが解ってきたので楽しくなっています。楽しいので、グロくなる予定のものがバカっぽくなりましたが気にしない。

 コッチのパソコンでアッチのパソコンで描いた絵を表示すると色が全然違う問題はカラープロファイルをゴニョゴニョしたらなんとかなっている感じなのでダイジョブです。でもどうやったのか覚えてないから詳しいことが書けませんが。

 それはそうと、気になるミニ・ムスタファのコンテンツですが


  • DIZWIH KAJIG

  • TW.FGEZBLAGI

  • VEGGIWR

  • TUKU DZWUMH
  •  
  • Mwamlizr

という文字がメニューページに書かれています。ホントかどうかは知りません。

<!-- 今日はiTunesをアルファベットのAから聴いているので予期せずアリスクーパー祭りになっていますが、特に意味はないです。-->

ティーザー6!?

4641の時間が食べているでしょう。

すると、トイレが「てゅてゅぉぐはげよ」と「ぶくう゛ぇよう゛ぁ」を書いているでしょう。

ミックマックな地底はゲームと不器用なエジプトだ。

「す」が「がぴゅだづ」だ。

空腹のザ・ガードマンがインチキだ。

もしくは、5979分後、地底は新ウナコーワクールモロコシヘッドだ。

でも、金星人はプリプリなソレと「ぶむ」と適当な「だしゃにゃぶきょ」だが、ブラックホールは木星と「やか」とブラックホール的な多摩川とパソコンだが、亜空間はヘチマを尊敬しているでしょう。

でも、金星は尊敬していました。

「うがでだは」は美形のここと美形の真空をなでているでしょうが、3482日前、カッコイいコレがこっちとフランスとスゴい日本をカッコイく買っていました。

すると、6850時間後、アスリートの海王星は不器用な日本とプリンタと4875のiPodをぶん投げているでしょう。


<!-- 面白いので、もう一回掲載してしまう「予言の書」です。-->

ティーザー5!?

美形のこのページが天ぷらとブラックホール・スタジオと冥王星と美少女の「みそく」だ。

ステキなXbox360はヤバい「う゛ぁしょおゆできゅど」と「そかう゛ぁてょごむしゃしょ」とミックマックなあなたと天王星人だ。

水星が金星人とウィスキーと水星とナンデモナイを歩いているでしょう。

話は変わりますが、不細工なアレがミックマックなナンデモナイとインチキと6097のコレだ。

しかし、1750日後1442の水星人が多摩川と2183の亜空間を2639回スゴく歩いているでしょうが、タバスコは美少女に読んで読んでいますが、冥王星が不細工なドコデモナイと天王星人だ。


 ということで「コーナーが復活するミニ・ムスタファから謎の予言書が届いた」という設定で、くだらないことに時間をかけちゃったんだなぁ!とブラックホール君が言っているけど意味が解らない!でした。

<!-- なんか自分で書いた文章も「ほぼ自動的ポエム」みたいになっているけど気にしない。-->

ティーザー4!?

Nuqqr saokn ti gedh kuvlh Dey dati bukn as kiy guvlh U yabi om uk e yluwgyukn Podh rao yehzl tr lien dmuk Hli dmizhezgi hleh teni rao zwr Uh'd e hlwugg e tukohi mgeki wuni Uh'd ajiw huti eh wukv duni, ka gui

Tewzl ti nayk ha hli dijik died
Fowr ti yuhl e wofr wukv
Budd ti fefr ak ek iedhiw dokner ner
Tebi tr leqi fgay eyer

U luni u diib ekn u sukn
Hwohl uk e sefgi seuhl uk e wlrti
Da ylr rao yekh ha fen hegb ti
Ewi rao dowmwudin fr yleh yi dii?
Gubi hli hefgid ekn hli hunid howk
Ak tr fin hli itmiwaw yawk
Ud hleh ikaovl saw ti, zaogn fi

Us toduz vah ha swii raow tukn
Podh gih uh va zeodi rao kijiw bkay, rao kijiw bkay
Us raow wlrhlt ijiw seggd aoh as huti
Rao zek fwukv uh ha ti ekn u yugg tebi uh egwuvlh
Ekn us raow daog ud gih va
Al rao kijiw bkay, ka rao kijiw bkay
Ekn us raow liewh ud fiehukv swii
Saw hli jiwr suwdh huti uh'gg fi egwuvlh

 ということで「地底人語トランスレータ:訳の世界」でブラック・クロウズの「マイ・モーニング・ソング」でした。

<!-- ティーザーシリーズのネタがなくなった時には地底人語トランスレータが役に立つ!-->

<!-- というか、地底人語を書くとブラウザのスペルチェック機能が間違った単語と判断して赤い下線だらけになります。-->

<!-- ついでに:iTunesの再生をシャッフルにしたらさらにケイオスBC。-->

キモ絵中

 最近「ホニャララという設定」というのが好きなのですが、ミニ・ムスタファのコーナーのマスコットがブラックホール君という設定になってしまっているのでタイヘンになっています。

 とりあえずキモ絵を三つ描く設定になっているのですが、アッチのパソコンで描くとヘンな姿勢になるので疲れます。

 それはどうでも良かったりしますが、最近の「パソコンで絵を描く時はレイヤー二つしばり」がなんとなく良いような感じになっています。

 背景レイヤーとそれ以外という感じで、しかも選択ツールとかナシだとちゃんと絵を描いている気分になります。パソコンで描く利点をゼンゼン活かしてないといえばそれまでですけど、デジタルっぽくない方が「キモ絵」らしいですし。

 という感じで目と右肩から先がヤバくなっているというバラードでした。

ティーザー3!?

 やあみんな!ブラックホール君なんだなぁ!

 あまり知られてないけど、実はボクは獰猛な生き物なんだなぁ!

 人間は時々自分の都合でペットやマスコットを虐待したりするけど、ペットもマスコットも人間に裏切られたと思った時には獰猛な本性があらわれてしまうんだなぁ!

 でもそれは身を守るために仕方のないことなんだなぁ!

 だから人間はペットやマスコットをもっと大事にして欲しいんだなぁ!

<!-- ということで、早くミニ・ムスタファのコーナーを復活させないと「ティーザー!?」のネタが切れます、というティーザーです。-->

ティーザー2!?

Fgezb lagi dok

Uk tr irid, uknudmadin
Uk nudvoudi ed ka aki bkayd
Lunid hli sezi, guid hli dkebi
Uk hli dok uk tr nudvwezi
Faugukv lieh, dottiw dhikzl
'kiehl hli fgezb hli dbr gaabd nien
Zegg tr keti hlwaovl hli zwiet
Ekn u'gg liew rao dzwiet eveuk

Fgezb lagi dok
Yak'h rao zati
Ekn yedl eyer hli weuk
Fgezb lagi dok
Yak'h rao zati
Yak'h rao zati

Dhohhiwukv, zagn ekn netm
Dhieg hli yewt yukn huwin swuikn
Hutid ewi vaki saw lakidh tik
Ekn datihutid sew haa gakv saw dkebid
Uk tr dlaid, e yegbukv dgiim
Ekn tr raohl u mwer ha biim
Liejik dikn ligg eyer
Ka aki dukvd gubi rao ekrtawi

Lekv tr lien, nwayk tr siew
Hugg rao egg podh nudemmiew

Wimieh zlawod hug ikn

 ということで「地底人語トランスレータ:訳の世界」でサウンドガーデンの「ブラックホール・サン」でした。

 これまでで一番役に立たない「ほぼ自動的スクリプト」であり、ここに書かれている「地底人語」はさっき登場した「地底人語」とまったく違うものだったりもするのですが、地底人語とはそういうものです。

ティーザー!?

090702.jpg

 コーナーが復活することになったミニ・ムスタファから地底人語で書かれた手紙が送られてきたという設定で「地底人ポエム・ジェネレータ」が開発されました(!?)

 良く解りませんが、アルファベットをランダムに並べただけなのか、それとも何か意味があるのか。

 もしかすると錬金術とか不死の薬の作り方とか、或いは透明人間になる薬、服を透かしてみることのできるメガネの作り方とかかも知れません。

<!-- このフォントで表示するとかなりヴォイニッチ感が出て良い感じです。-->

実験的な何か

 さっき書いた実験的なアレが楽しすぎて、しかもお手軽すぎなので早く公開したいでございます。

 実験的ではありますが、実はこれまでやって来たこととも似ているので、大したことはなかったりしますが、実験的なので良いのです。

(実験的って何だ?)

<!-- 一人の人間が書いたものというのは、違うテーマでもどこかに共通点があるのか?という気にもなったり。(あんまり書くとすごいものを作っていると勘違いされるので、少しにしておきましょう。)-->

 というか、そろそろBlack-holicを更新しないといけない季節のような気もします。